黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

パ・リーグ中継、アメリカに輸出~注目されると困る、ソフトバンク投打の柱

8月10日の日経新聞スポーツ面を見て驚いた。「パ・リーグ、米で生放送」「今月から200試合以上 普及へ英語で実況」という見出しがあった。コロナでアメリカでは野球の試合が激減、野球に飢えた視聴者を取り込みたい放送局の思惑と、米国進出を模索して…

勝負は最後まで分からない~明徳義塾9回2死から鳥取城北下す、甲子園特別試合

見終わってからも鳥肌が引かなかった。甲子園特別試合の鳥取城北対明徳義塾。無安打ながら7回まで2対1と明徳義塾がリード。もらった四死球を、盗塁や犠打を絡めて得点する。気付いたらリードしている。まさに明徳野球の定番だ。しかし、エース新地が捕ま…

ピンチはどうにかして切り抜ける~ソフトバンク板東またも好投で2勝目

またもや板東湧梧がナイスピッチングだ。8月9日は先発笠谷が3回を無安打、0点で抑えたが工藤監督は継投に入り4回から登板。ランナーを背負う場面はあったが見事4イニングを投げきり1点もやらなかった。ソフトバンクは敵のワイルドピッチで先制し、柳…

甲子園のない夏に山際淳司「八月のカクテル光線」を読んで

甲子園のない夏である。それもずいぶん前に決まっていて、予定通りであるため騒ぎにもなっていない。ただぽっかりと、高校野球のファンの日常に穴をあけている。私はとりあえず、山際淳司氏の文庫本「スローカーブを、もう一球」から「八月のカクテル光線」…

ソフトバンク7回の男は誰が適任?~鬼門作らず勝ちパターン確立を

ソフトバンクが8月7日の楽天戦で逆転負けした。4対2だったのに7回だけで5失点。先発東浜が四球で崩れ、売り出し中の小深田に逆転三塁打を喫した。嘉弥真は死球で傷口を広げ、高橋礼はロメロに3ランを浴びてしまった。翌日の西日本新聞の紙面には「ま…

悪い流れを引きずらない~好救援のソフトバンク板東湧梧がプロ初勝利

今年のホークスはズルズル負けない気がする。楽天との首位攻防(なんて書くのはまだ早いのだが)ラウンドでは初戦8回裏、天敵浅村に2ランを浴びて逆転負け。2戦目は涌井に9回1死まで無安打に抑えられ、完封負け。前のカード、西武戦では調子よかったのだ…

最高と最低を考える~ソフトバンク石川柊太がプロ初完投初完封

ソフトバンクホークスの石川柊太が無傷の4連勝だ。8月1日の西武戦で1安打完封。これはプロ入り初完投でもあるそうだ。ホークスは継投がすっかり定着しているが、先発がある程度試合を組み立ててくれると後が楽だ。リリーフ陣もひといきつけたことだろう…

前もって負荷をかけてみる~ソフトバンク4番中村晃が好調な要因とは

ソフトバンクが好調だ。柳田悠岐の打率は3割8分台に突入したが、もう一人、勝負強さを発揮している人がいる。中村晃だ。いわゆる「つなぎの四番」だが、要所要所でタイムリーを放っており、だんだん4番の風格が漂い出してきている気がする。 Pixel 3 ケー…

まずは与えられた仕事をやりきる~ソフトバンク板東湧梧、好投続けて先発候補へ

日本ハムとは1点を争う、しのぎ合う、しんどい試合をしてしまうホークス。そんな時頼りになるのがリリーフ陣なのだが、7月23日の試合では板東湧梧が躍動した。4イニング1安打無失点。投手分業制が定着した今、ロングリリーフは珍しいのだが、板東は投…

レギュラーは逃げられない~ソフトバンク栗原陵矢が迎える勝負の夏

栗原陵矢が不振に喘いでいる。7月23日の日本ハム戦では犠牲フライを放つも無安打。終盤には代打を送られ御役御免となった。これで5試合続けて無安打。開幕直後がうまくいきすぎたのか、疲れがたまってしまっているのか。この日のサンスポに、ソフトバン…

劣勢の中でも踏ん張る~ソフトバンク椎野が好救援で今季初勝利

7月22日の日本ハム戦。完封負けするかと思われたが7回裏、松田宣浩の逆転タイムリーでホークスが試合をひっくり返した。だからお立ち台に松田宣浩が立つのは順当なのだが、黒柴スポーツ新聞的には、ビハインドだった6回、7回に投げた椎野新の頑張りに…

上林誠知の「倍返し」を願って~2019年打率.194から巻き返し中

半沢直樹の新シリーズが始まる。やられたらやり返す、倍返しだ、とはおなじみのフレーズだが、今のホークスには半沢直樹的にやり返しているキーマンがいる。ライトを守る上林誠知だ。打率はまだ.250ほどだがこのオリックス戦5試合では18打数8安打、本塁打3本…

敗戦の中にも収穫あり~板東、川原、泉。踏ん張った鷹の中継ぎ陣

7月16日のオリックス戦。ソフトバンクは惜敗した。いつもなら負けが決まるとものすごく悔しい。だけど、何だろうこのスッキリ感は。よくやったじゃないか。確かにバレンティンが好機に併殺打に倒れなければ違った展開だとは思った。しかしよくやったじゃない…

今宮健太、300犠打が「嬉しくない」理由とは~理想とイメージの間で

少し前のことだが、今宮健太が通算300犠打を記録した(7月3日)。史上7人目だが、20代での到達は史上初という。今宮がいかに若い頃から犠打を積み重ねたかが分かるというものだ。だが私はあることに引っ掛かった。その節目の今宮健太のTwitter(7月3日)には…

川島慶三、使われる限り結果を出す男~バレンティン2発にも負けない輝き

川島慶三のプレーを見てジーンときた。ノーヒットノーラン継続中だったバンデンハークが8回、ついにセンター前に抜けそうな当たりを打たれた。その瞬間、頭から突っ込んだセカンド川島慶三。そこから体を無理やりひねって一塁に送球。残念ながら一瞬早く打…

内川聖一までのみ込む打撃の奥深さ~17年ぶり開幕2軍という事実

前回はチャンスをつかんだ二保旭を称える記事を書いたが、逆に働き場所を失った選手もいる。内川聖一。何と17年ぶりの開幕2軍だという。むしろその間ずっと開幕1軍だったことに驚いてしまうが、何せ史上最高の右バッターとも称される内川である。2軍調整がニ…

12年目のライジングサン~ソフトバンク二保旭が初の開幕ローテーション入り

ホークスの二保旭がついにチャンスをつかんだ。12年目で初の開幕ローテーション入り。育成出身ということもあり、ついつい応援したくなる。そしてもう一つ、私には二保旭を応援したい理由がある。オーナーズリーグ23 OL23 黒カード NB 二保旭 福岡ソフトバン…

開幕スタメン狙う上林誠知と栗原陵矢~ソフトバンク、助っ人欠いても活性化

虎視眈々という言葉がある。ホークスの場合は鷹だから虎ではないのだが、虎視眈々とホークスの開幕スタメンを狙っている男が二人いる。上林誠知と栗原陵矢だ。私、黒柴スポーツ新聞編集局長が定期購読している地方紙(6月7日付)に共同通信配信のホークス2020…

いるだけで戦力になれる人~ソフトバンク松田宣浩の声の力を再認識

バットでの貢献度もさることながら松田宣浩が持つ“声”の力【すべては野村ヤクルトが教えてくれた】(日刊ゲンダイDIGITAL)を読んだ。筆者は飯田哲也。もうとにかく松田宣浩をべた褒め。松田が元気いっぱいなのは有名だから、ベンチにいるだけで戦力になる、と…

王貞治はなぜ868本もホームランを打てたのか~「同じ球を打ったことは一度もない」

王貞治(敬意を込めてそう呼ぶ)がなぜ868本もホームランを打てたのか、分かった気がする。素晴らしい技術や集中力、体力があったからでもあろうが、「同じ球を打ったことは一度もない」という感覚があったからではなかろうか。この言葉は6月4日付の日経新聞コ…

複数ポジションの可能性と危険性~ソフトバンク栗原の起用法に注目

6月1日の日経新聞に「武田、社内業務掛け持ち」という記事を見つけた。期間限定ではあるが、武田薬品工業では社内他部署の業務を一定の労働時間を割いてやってもよいというものだ。このところのコロナ対応で時差出勤していた黒柴スポーツ新聞編集局長は思い…

人にはそれぞれ役割がある~1979年近鉄初優勝、山口哲治プレーオフ魂の3連投

近鉄初優勝時(1979年プレーオフ第3戦)の胴上げ投手をすぐ思い出せるだろうか。山口哲治。通算16勝12セーブの男が近鉄球団創設30年目、悲願の初優勝のマウンドにいたのはまさに奇跡と呼ぶにふさわしい。山口の活躍を見ると、人にはそれぞれ役割があるのだと再…

85%は苦しみの日々~張本勲はなぜ3085安打できたのか

5月28日は張本勲が3000安打を達成した日だ。ことあるごとに川崎球場での豪快なその1打の映像が流れる。対戦投手は阪急の山口高志。山口対張本ならそりゃあのくらい飛ぶわなというくらい、高々と打球は飛んでいった。そして張本勲はヘルメットも高々と放り投…

ソフトバンクは開幕投手を見直すのか~時おり顔出す工藤監督「非情の決断」

ソフトバンクの工藤公康監督が、開幕投手再考(いったん白紙)に言及した。確かに開幕日が揺れ動きようやく6月19日に落ち着いたこの流れではやむを得ない気はする。しかし内定していた東浜巨はどう思うかなと想像してしまった。やっぱり信頼感はまだまだ足りな…

バレンティンを熱男にするソフトバンク~年俸5億円の効果は現れるのか

5億円の保険が機能するかもしれない。ソフトバンクのバレンティンのことだ。昨シーズンオフ、バレンティンがヤクルトを離れることになりソフトバンクが手を挙げた。ソフトバンクにはデスパイネやグラシアルという実績ある外国人選手がいるので、5億円も出し…

甲子園中止という機会損失~やりたいことはやれるうちに思い切りやろう

機会損失読み方:きかいそんしつ【英】:opportunity cost 意思決定にあたって2つ以上の案があった場合, そのうちの1つを採用し, 他を不採用にした場合に, 得ることができなかった収益または利益の最大のものをいう. また, より広い意味では, ある事態が発生…

じゃない方の人は、いる~オールスター8連続奪三振を江川と成し遂げた中尾孝義

Full-count記事、「10連続三振を狙っていた」 女房役が明かす江川卓のオールスター8連続三振、を読んで、人生は残酷だなぁと思った。何が残酷なのか。この記事に出てくる「女房役」が誰なのか、すぐに分かるのはほんの一握り(の野球通)ではなかろうか。9連…

重宝されると出番が増える~ソフトバンク嘉弥真4年連続50試合登板に意欲

スポニチ記事、ソフトB・嘉弥真 4年連続50試合登板へ決意新た「どんどん投げていきたい」、を見て驚いた。嘉弥真新也はそんなに投げていたんだ。主に対左の、ワンポイントが多い嘉弥真。それで直近3シーズン連続で50試合以上登板なんて素晴らしい。嘉弥真…

人生を左右するコンバート~ホークス投手陣を支えるブルペン捕手・内之倉隆志

内之倉隆志。懐かしい名前だなと思った。甲子園で有名になりダイエーホークスに入った。しかしバリバリ活躍したかというと……期待の方が多かった、のかもしれない。通算出場は118試合だったという。内之倉のことは西日本スポーツ記事、異色の経歴、元新聞記者…

やりたいことができなくなったら~第1回ドラフト1位→打撃投手・豊永隆盛(中日)

中日の名選手、西沢道夫について調べようと1978年のベースボールマガジン5月号を開いた。その中の一つの記事に目が止まった。「プレーボール前のエースたち」。中日ドラゴンズの豊永敬章(改名前・豊永隆盛)ら打撃投手を取り上げたものだった。目に止まった理…


野球ランキング