黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

ウィルチェアーラグビー池透暢選手5/24、27出演情報 25~28日はジャパンパラぜひ観戦を!

夢を見た。詳しいストーリーまでは覚えていないがウィルチェアーラグビー日本代表キャプテンとしてリオデジャネイロパラリンピック銅メダルを獲得した池透暢選手が出てきた。しばらくお会いしていないのだが、いつも刺激をもらっている素敵な人である。

マーダーボール (字幕版)
 

 そんなことがあったので「お元気ですか?」と久々にやりとり。なんとスクープ?だが2週間前のアメリカ遠征ではアメリカに3連勝すべて1点差のゲキアツな試合だったらしい。

 

その過程で情報をゲット。近々立て続けにメディアに登場するという。今回はその告知。

 

5月24日22:54~23:00  フジテレビ「PARA☆DO!~その先の自分(ヒーロー)へ~」

関東ローカルのようですが、チャンスがある方はぜひぜひご覧ください。

5月27日17:00~18:00 BS日テレ「ストロングポイント」

民放BS初のレギュラー障がい者スポーツ番組だそうです。時代は変わりましたね。

 

池透暢選手の「銅メダルお疲れさま会」の夜を思い出す。2次会も終わり、商店街のアーケードをみんなでふらふら歩いていたら「あ、池選手だ!」「銅メダルの!」「握手してください」的な触れ合いがあった。いいシーンに立ち会え、ぐっときた。その日についての記事はこちら(たくさんのシェアありがとうございました)。

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

 パラ陸上選手にインタビューした時に聞いた。むかしは街を移動していても振り返られたもんだ、と。パラスポーツ選手とじっくりお付き合いをしてみればいずれよく分かる。車いすは選手の足でありボディというニュアンスがぴったり。自己表現の一部なのだ。といいつつ筆者自身もすぐそんな感覚になれたわけではなかったのだが。やはり最後は人と人との付き合いの中で信頼が生まれると思う。

 

東京パラまで実はちょっと間がある。選手にしてみたらそんなに時間はないのかもしれないが。一般人はそうはいかない。だからこそ東京パラまで興味関心を維持させる番組や記事は本当にありがたく貴重だ。

 

ちょうど5月25日から28日まで、「2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会」が千葉ポートアリーナで行われるという。もしかして池透暢選手が夢に出てきたのはこの告知だった???

 

ともかく、またとない機会。ちょっとでもチャンスがある方はぜひ会場で本物のウィルチェアーラグビーを「体感」してほしい。最初は「ガン!」「ガシャン」という音が鼓膜にこびりつくかもしれないがその音以上のものがハートに響くはずだ。

 

池選手やリオパラリンピックでの日本代表の激闘記事はこちら

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com