黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

勝負所は一気に行くべし~ラミレス大胆采配でベイ19年ぶり日本シリーズに王手

広島ファンに怒られそうだがクライマックスシリーズカープが負けないかなと期待している。黒柴スポーツ新聞編集局長はベイスターズファンではない。なぜ負けてほしいのか。

理由は簡単。2年連続で日本シリーズに出たらますます経験を積んで広島が強くなってしまうからだ。ただでさえ黄金時代になりそうな雰囲気があるのにこのまま勝ち続けられたら手が付けられない。

とか思っていたら本当にカープが崖っぷちに追い込まれた。ファイナルステージでまさかの3連敗。ベイスターズに19年ぶりの日本シリーズに王手をかけられた。

今回のセ・リーグクライマックスシリーズはファーストステージから雨がドラマを演出している。ベイスターズ阪神とのあの泥だらけの試合は賛否両論あろうが、やらないで終わるよりはすっきりしてよかった。まあもう少し日程に余裕がほしいが。

ファイナルステージでも台風のからむ雨で第4戦、5戦が中止。2戦、3戦と広島が敗れていたため世間的には広島が一呼吸おけるのに対し、ベイスターズは勢いを削がれるため広島に有利と見られていた。

しかし雨がドラマをもたらしたのは仕切り直された第4戦だった。そう、本当の答えは数日後に分かることがあるのだ。このことは地上波で中継していたフジテレビの解説で、野村弘樹が指摘していた。さすがである。

主役は今永昇太。11勝ながらチームの勝ち頭である。もともと第4戦の先発が予想されていたが雨天中止となり出番が消えていた。それを何と仕切り直しの第4戦の7回からセットアッパーとして起用した。投手の分業が確立されている中、最近ではめったにお目にかかれない大胆采配と言っていい。

しかしラミレス監督はここが勝負と見た。きょう勝つという意思がある継投だった。7回の起用だけでもサプライズなのに、わずか1点リードの状況でそのまま打席に立たせて8回も続投させた。行ける人を惜しげもなくつぎ込む、懐かしい昭和の継投を見た。これこれ。一年を戦う長いペナントレースなら行き当たりばったりでは困る。しかし短期決戦なら話は違う。好調な人から投入し、抑えるべき時には抑える。そうしないと一気に敗れかねない。

これは野球に限らない。勝負をかけるべき時にかけないと、次にいつチャンスが来るかなんて分からない。ならば惜しげもなく最高の技術でチャンスをものにしにいかないと、後からジタバタしても意味がない。

今永昇太も登板する意味が分かっているから気合が入っていた。走者を一人も出さずに最終回の山崎康晃につないだ。今永昇太にセットアッパーとしてのめどが立ったことで作戦が一つ増えた。

広島に有利な雨と見られていたが、見方を変えればベイスターズの大胆采配につながっていたのだ。もし今、三原脩監督がいたらラミレス監督の采配を高く評価したのではなかろうか。

昨日の記事でも書いたが、ギータみたいに後先考えずにやってみるのもいい。見た目は行き当たりばったりかもしれないが、どうせ完走できるか分からないならば、行けるとこまで行く、という選択肢は十分ある。
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
ラミレス監督の細やかな継投は「一人一殺」なんて言われているが、三原脩監督もやっていた。そのくらいちょこちょこ投手を変える一方でエース秋山登日本シリーズで4連投させている。今ならヤフートピックスに選ばれる話だ。ラミレス監督の大胆采配で思わず三原脩監督を思い出した。
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
三原脩監督が率いていたのはベイスターズの前身、大洋ホエールズというのも不思議な縁。ちなみに2017年にベイスターズが広島相手に3試合連続でサヨナラ勝ちしたことが話題になった。チームの3試合連続サヨナラ勝ちは1960年の三原ホエールズ以来だった。

その1960年なのだ、ホエールズが日本一になったのは。

と、カープに不吉なことを書いて記事を終わるのは意地悪すぎるか。第5戦もきっと、マツダスタジアムカープファンで埋めつくされるだろう。それは心強い半面、相当のプレッシャーにもなる。第4戦も6回ノーアウト満塁で無得点に終わったが、何か硬さを感じた。

果たして逆転の広島の本領はこれから発揮されるのか。そう、本当の答えは数日後に分かることがある。黒柴スポーツ新聞編集局長は数日後、手のひらを返して広島をべた褒めしていたりして。そう考えるといちいち目の前の結果に悩むのがバカらしくもなる。もっと気楽に生きていいのかもしれない。

あわせて読みたいベイスターズ関連記事はこちら。
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com