黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るワンシーンやプレーヤーについて綴ります。

踏まれても立ち上がらない~三浦大輔の番組で雑草魂を学ぶ

三浦大輔が出た「SWITCHインタビュー 達人達」を見た。雑草が専門の稲垣栄洋氏との対談だ。

逆境での闘い方 ~折れない心をつくるために~

逆境での闘い方 ~折れない心をつくるために~

近鉄が誇る大エース、通算312勝の鈴木啓示のモットーは草魂。踏まれても踏まれても的な。しかし実際の雑草はそこが踏まれやすい場所だと分かったら、上に伸びずに横に伸びるという。
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

VTRではシロツメクサの生え方が人が通る所とそうでない所とでは違うと説明していた。見た感じ、踏まれやすい所のはベタッと貼り付いた感じ。そうでない所のはふんわりした感じだった。同じ種類なのに、だ。ここが重要。

踏まれても立ち上がらないのが雑草魂だと稲垣栄洋氏は言う。踏まれながら生きるのが雑草なのだ、と。

雑草は弱い。だからこそライバルがいない場所で生きるという。そして無駄なエネルギーは使わないで環境に順応していく。結構賢い。

雑草の成功戦略―逆境を生きぬく知恵

雑草の成功戦略―逆境を生きぬく知恵

まっすぐ伸びる雑草はそうないそうだ。そう聞くと、ちょっとホッとする。

番組後半は三浦大輔が鍛えた宜野湾市立野球場周辺でのトーク。最初はここに来るのが嫌で嫌で仕方なかったという。三浦大輔でもそうだったんだな。

稲垣栄洋氏から三浦大輔に逆境でどう対応したかの質問が出た。プロはレベルがあまりに違う。まずは存在価値を示さないといけなかった。アピールの一つがリーゼント。なんだその頭は、切ってこい!とか言われたが三浦大輔いわく「当時はパンチパーマの人もいましたからね」。それって屋鋪要のこと?
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

2段モーション習得により頭角を表すも、ルール改正で修正を余儀なくされた。稲垣栄洋氏は三浦大輔の壁の乗り越え方を「壁の向こう側を見て道を探している」と評した。2段モーション禁止、それそのものとは戦わなかった。三浦大輔いわく内心何でだとは思ったそうだが「決まったことでどう戦っていくか」なのだという。

自分が変わるしかない、とも。

そう、そうなのだ。

置かれた環境で生きていかなければならないのであれば自分が変わるしかない。ただし。できうるならばせめてちょっとでも自分らしい変身にしたいものだ。しなやかに、したたかに。雑草から学ぶことがたくさんあった。

ベイスターズに興味があるあなたにおすすめの記事はこちら。
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com