黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

福田秀平のFA宣言をソフトバンクファンは受け入れられるのか

ソフトバンクの福田秀平がFA権の行使を検討しているという。具体的には中日やヤクルトが興味を示しているとの記事もあった。福田は代走や守備固め、代打で活躍しているイメージが強いが、実際、規定打席に達したシーズンはない。他球団ならレギュラーとも言われる福田はどのような判断を下すのか興味深い。

 

もちろん私はソフトバンクファンだから福田秀平にはこのままチームにとどまり大活躍してもらいたい。打撃も勝負強く、福田が巨人戦で森福から放った満塁ホームランは、個人的には2019年ソフトバンクの最も心に残る一発だった。何よりけが人の穴を颯爽と埋める福田の姿に感動していた。

 

だが、福田秀平とてプロ野球選手。実際、プロ野球選手ならスタメンで頭から試合に出たいと発言もしている。そうだ。試合後半からだと打席も限られる。打つに限らず、守って、走って、と丸々1試合活躍したいと福田は考えているのだろう。

 

となると、福田秀平がFA宣言したらファンはどう受け止めるだろう。もちろん引き留めの声は多いはずだ。これからもソフトバンクになくてはならない存在だから。福田秀平はいま30歳で、引退するまであと何年やるか分からないが、残りすべてソフトバンクにいてもらいたいと私は思う。

 

そのためにはしっかり球団に評価してもらいたい。ズバリ今の推定年俸3500万円は低すぎる。この評価のまま「これからもよろしく」というのは少々虫が良すぎないか。査定についてはド素人ながら、倍プラスの8000万円の4年契約でどうだろう。レギュラー確約ができないなら出場試合数に応じた出来高も付けてあげてほしい。

 

FA宣言するのは決して今のチームが嫌な訳ではあるまい。福田秀平の場合はお金というより出場機会がほしいのだと思う。理想はソフトバンクの中でレギュラーを奪うことだが、柳田悠岐中村晃、グラシアルの牙城を崩すのは容易ではない。ライバルには上林や周東らがいる。そんな中でぜひ使いたいという球団からオファーがきたら、腕試ししたくなるのは当然だ。だから私は福田秀平には残留してほしいけれども、FA宣言すること自体は納得できる。

 

じゃあ移籍も容認するかと言われたら心情的には無理だ。やはり福田秀平はソフトバンクのユニホームが一番似合うと思っている。どうしても移籍するならパ・リーグは御免だ。セ・リーグにしてもらいたい。

 

必要とされるポジションで活躍できるなら、プロ野球選手に限らず、こんなにうれしいことはあるまい。今ソフトバンクにいても困った時に顔が浮かぶ福田の存在価値は素晴らしいと思う。残留なら今後環境が変わるリスクは低いが、ローリスクローリターン。起用方法はさほど変わらない気がする。一か八か他球団に移籍してもうひと勝負してみるのも一つの生き方だ。FA宣言してあらためて自分の評価を見つめるのも意味がある。誰も福田が年俸を上げるためにFA宣言するとは思うまい。だからこそ気になる。福田秀平がFA宣言したらソフトバンクファンはどんな反応をするのか……

私は残留◎、セ・リーグ移籍△、パ・リーグ移籍×だ。残ってほしいのはやまやまだが、福田秀平が輝くならば彼の決断を何とか受け入れよう。そう考えている。

合わせて読みたい福田秀平関連記事はこちら。

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com


野球ランキング