黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

ソフトバンクと西武、CSの勝敗を分けたものとは~選択肢を持つ組織は強い

ソフトバンクが西武を下し、2年連続の日本シリーズ進出を決めた。シーズン中、一度も首位を明け渡さず力を誇示した西武になぜソフトバンクが勝てたのか。


ありきたりだが「層の厚さ」という結論に達した。



まず、CS中の打順を見れば分かる。例えば1番に上林誠知を入れたり、川島慶三を入れたり。上林はそろそろミスター3塁打と呼びたくなるくらいで、チャンスメイクができる。川島慶三左キラーとしての役割が期待される。打順にはその試合をどう戦うかの意思が込められている。ちなみに2番は明石健志だと小技もできるオーソドックスな2番。高田知季だとやや守備重視。上林だと超攻撃的な打撃が期待されている。
守備も複数のパターンを持つ。ショートが高田だとやや守備重視。西田哲朗ならやや打撃重視。かつて三原魔術と呼ばれた、大胆な選手起用が持ち味の三原脩監督がいたが、大洋ホエールズを率いて日本一に輝いた年、超二流たちを見事に使いこなした。2018年のホークスのショートやセカンドはそれをほうふつする。(三原マジックについては以前書いたことがあるので興味がある方はぜひご覧ください)

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com


そもそもショートは今宮健太がレギュラーだったが西武との天王山で脚を負傷。戦列を離脱してしまった。その代役になるべき牧原大成もまた負傷。普通ならこれで万事休す、となるが高田知季や西田哲朗が十分に穴を埋めた。高田は日本ハムとのCSファーストステージで手痛いエラーがあったが自分で取り返すタイムリーを放った。



西田は日本シリーズ進出を決めたファイナルステージ第5戦で3安打。ファーストステージでは貴重なホームランを放った。高田といい、西田といい、存在感が増している。今宮もうかうかしていられない。そう、これが層の厚さだ。

試しに西武のショートを見てみよう。CSでも打撃好調で守備も安定している源田がもしけがをしたら? 筆者が西武ファンではないからかもしれないが、代役の名前が出てこない。

代役がいなかったのかもしれないが西武は中村剛也とてスタメンを外れることはなかった。対照的にソフトバンクは不振の松田宣浩を外してグラシアルに三塁を守らせた。実はこのプラン、2019年以降を見据えたものと推測している。松田とてレギュラーの座は磐石ではない。短期決戦のさなかに世代交代を模索していることにうなってしまう。

試合終盤にデスパイネが出塁すると、脚力やけが防止の観点から福田秀平らが代走に起用される。これもまだまだ点を取るぞというファイティングポーズになっており、試合の中でアクセントになっている。同様に守備でもいつの間にか川島慶三がセカンドを守っていたり、ショートが西田から高田に代わって守備固めに入っていたり。キャッチャーも高谷がいるから甲斐のところで代打が送れる。ホークスの選手起用は意図が分かりやすく、本当に試合を楽しんで見られる。そして、野球はベンチ全員で戦うんだなと再認識することができる。

ソフトバンクに敗れた辻監督が自軍との違いを「中の投手」と言ったという。確かにソフトバンクは中継ぎがよく踏ん張った。シーズン最後の天王山では打たれたが、日本ハムとのCSファーストステージも、西武とのファイナルステージも、武田翔太や石川柊太といった回またぎができる人から左に備えての嘉弥真新也やモイネロもよく踏ん張った。ファイナルステージは両軍よく打ったが実は中継ぎの出来次第でどちらに転んでもおかしくない試合ばかりだった。ホークスは抑えられ、ライオンズはできなかった。そういうことだろう。

切れ目のない打線、逆転勝ちの多さという意味では西武と広島は似ており、ソフトバンクはすでに「仮想日本シリーズ」ができたと言える。では広島はどうか。先発以降が頼りない巨人では全く参考にも練習にもならなかったことだろう。逆転のカープ対継投のホークス。日本シリーズの見どころの一つである。

ソフトバンクにとってはファイナルステージを第5戦で終えられたことは大きい。なぜなら千賀が温存できたからだ。ぜひとも日本シリーズ初戦は千賀で勝っておきたい。この辺り、王道なら広島は大瀬良大地を立てるが大一番に強い九里亜蓮もあると見た。そもそも予告先発をやるのかどうか。あればさまざまな選択肢を持つソフトバンクは作戦が立てやすい。ジョンソンの時はまた川島慶三から始まる攻撃的打順が見たいものだ。

その前に肝心の日本シリーズの中継はあるのかどうか。シーズン終盤からDAZNで見まくっていたが(なかなかコスパよかったです)、日本シリーズを見られるアナウンスは今のところなし。10月27日の第1戦と28日の第2戦は地上波でやりそうだ。(第1戦はテレ朝系、第2戦はフジテレビ系との情報もあり)。詳しくご存じの方はぜひコメントを通じて情報をお願い致します。一緒に日本シリーズを楽しみましょう!


野球ランキング