読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るワンシーンやプレーヤーについて綴ります。

交流戦MVP男・キドコロの株価上昇中

城所龍磨が大ブレークし、キドコロ○○中的な言葉が流行っているという。13年の地道な努力が報われた格好だが全国でコツコツ頑張るサラリーマンもおれもやればできるぞと勘違いして大いに刺激を受けているに違いない。

交流戦MVPは本人的にもびっくりだっただろうが最近もっとかっこよく思える記事を見つけた。スポーツ報知の記事で、城所獲得を中日が検討しているというのだ。城所は国内FA資格を満たしているが、春先の取材に対しては権利行使するつもりとは言わなかった。


城所は愛知県豊川市出身。岐阜の中京高校出身。だが中日サイドは地元を意識しての獲得ではないという。つまりきちんと戦力として見られている。


補償が不要の年俸Cランク(1900万円)との側面はあるようだ。が、ソフトバンクもはいはいと放出するわけがない。このままいけばシーズンオフどのくらいの年俸になるか、他人事ながら気になるところだ。頑張って結果を出せば年俸が上がる。だからプロ野球は夢がある。


サラリーマン的に考えれば大いに悩むところ。営業一課のキドコロさんは6月の営業成績が月間1位になって注目を集め、ほかの企業からヘッドハンティングされるかもしれない。当然それなりの条件提示をしてくるだろう。しかもその企業は実家の近くにある。


これまでは今の会社の同僚たちがすごすぎて第一線での仕事はさせてもらえなかった。だが興味をもってくれている企業ではバリバリできるかもしれない…


BBH2014 SP城所龍磨(ソフトバンク)

BBH2014 SP城所龍磨(ソフトバンク)


試合に出られることを優先するならば城所は今こそ勝負に出るべきだ。こんな追い風は滅多にない。トレードではなくヘッドハンティング的な移籍なのだからモチベーションも維持できる。こんなこと書いたら福岡のファンにめちゃくちゃ怒られそうだがあくまでも試合に出ることを優先する場合、です。念のため…だって誰がどう見たってホークスは選手層が分厚いのだ。


一方で亀井義行の回に出てきた淡口憲治のように育ててもらった球団がいいという考えもある。淡口は現役後半に近鉄に行き、そこでもきっちり戦力になった。城所はどう考えるだろうか。シーズン中ゆえ正式なオファーには至らないがこの時期に獲得検討の報道が出るくらい城所は乗っている。

一番いいのは手放したくないソフトバンクがどーんと年俸を積み、城所は「やっぱりホークスを離れられません!」と残留することか。ただ出場機会を増やしたりレギュラーを狙うには中日は魅力的なのだ。城所は守れるからナゴヤドーム向きにも思える。


え、黒柴スポーツ新聞的には残留してほしいのか移籍してほしいのかって? もちろんホークスを応援しているので残留派。イギリスみたいに国民投票、いや、ファン投票してみますか? 離脱容認多数はないだろうなあ… シーズンオフにソフトバンクの条件提示がビミョーになって「キドコロ思案中」なんてことになりませんように。