黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

小林対オマリーの14球を演出した中嶋聡引退

f:id:tf-zan96baian-m-stones14:20160111174930j:plain
※写真は1993年版ベースボールマガジンの野球カードを使わせていただきました。


うっかりしていた。
日本ハム中嶋聡捕手が引退していたのだった。
記事を見たような気もするが、その程度であって、しっかりとチェックしていなかった。
これで阪急にいた選手がいなくなったのである。

エールをくれる生き方

阪急なんて、1989年からオリックスになってなくなっちゃったチームじゃないか。
それはそうなのだが、中嶋が頑張って実働29年というプロ歴代1位タイ(ほかは工藤公康山本昌)になったからこそ、元阪急の選手はいなくならずに済んでいた。
しかし、工藤も山本昌も実力に加えて長くやっただけあって200勝を達成。
記録にも記憶にも残る選手である。
しかし中嶋は通算804安打。
特筆すべき打撃記録はない。
それでも必要とされたから、この年数プロで飯が食える。
これもプロの世界ならではだろう。
誰もがエースで四番じゃないし、そうでなくとも働き場所はある。
社会人にエールをくれるような中嶋の生き方だ。

絶体絶命のピンチに

そんな中嶋で心に残ったシーンと言えば、オリックス時代のオマリーと小林の14球勝負だ。
中嶋に敬意を表しつつ、YouTubeにアップされていた中継映像を活用させてもらいながら、あらためてこの局面を振り返ってみたい。
1995年の日本シリーズオリックス対ヤクルト。
第4戦1-1の同点で11回裏ワンアウト1、2塁。
ヤクルト、サヨナラのチャンスでバッターボックスにオマリーが入った。
ここまで打率5割3分8厘。
対するは若き小林宏中嶋聡のバッテリーである。
まずインサイド、スライダーで1ストライク。
「よく球筋を見てましたね」
大矢明彦の解説がその後を暗示しているようで、不気味だ。
しかし、続く2球目も内角にストレートが決まる。
強敵・オマリーをいとも簡単に追い込んでしまった。
「こっからオマリーを打ち取るのが大変なんですよね」
関根潤三の解説が絶妙のタイミングで放り込まれた。

「打球は高々と舞い上がったぞ」

3球目は2球目より厳しい内角にストレート。
観客たちがどよめいた。
これで1ボール2ストライク。
4球目、内角の球をオマリーがファウル。
「オーマーリー、オーマーリー」
球場は大盛り上がりだ。
5球目も内角へ。
またもファウル。
6球目、またも内角に構えた中嶋のミットとは逆の外に球が流れたが、またもファウル。
「ツーワンというカウントを有利に使うといいんですけどね」と大矢
「そのへんの余裕がバッテリーにあるかどうかですね」とアナウンサー。
「余裕っていうか、もう勝負でいいんですよ。勝負でいいんですけど、投げ間違えしないことですね」
確かに、ずっと内角の厳しいところで勝負している。
中嶋の性格を表したリードなのか。
7球目もインコースだが、やや甘かった。
「打った―!打球は高々と舞い上がったぞ」
アナウンサーの絶叫と共に打球の行方をカメラが追う。
イチローが追うけども、切れたか? 切れた! ファウル! ファウル!」
オマリーもジャンプして悔しがる。
「だんだんとピッチャー追い込まれますよね」(関根)

「始末の悪いバッターね」

8球目は真ん中に甘い球が来たが、オマリーとらえ切れず。
「ここまで来たらもう若いバッテリーが思い切っていくっていうのも一つの手です」(大矢)
9球目は初めて外角に投じたが、低かった。
「よく見たね、オマリーも」(関根)
徐々にオマリーに余裕が芽生えてきたか。
10球目も中嶋は内角に要求したが、ストレートをオマリーがファウル。
この瞬間、くそっとばかりに右手でミットをパーンとはたいた。
これが勝負球だったのか。
「バッテリーとしてはホントに始末の悪いバッターね」(関根)

「シャアっ」「ぐしゃ」

「セカンドランナーの橋上がホームを踏めば、4連勝でスワローズ日本一です」
11球目の外角の球をオマリーがファウル。
マウンド上の小林が口を大きくあける。
「口の中が渇くんでしょう」
12球目は小林が外寄りに構えるも、球は内角へ。
「打った―、打球は伸びていく」
8本目のファウルだったが、先ほどと同じくらいの大飛球となった。
ざわつく神宮球場
13球目を前に、初めて中嶋が小林の元へ。
いったい何を伝えたのか。
13球目はやや抜いた内角の変化球だったが、オマリーはあっさり見送る。
ボール。
やや悔しそうな小林。
これが決め球だったのか。
気付けば、カウントは3ボール2ストライク。
「これから、嵐のように神宮球場拍手が起こります」
そして運命の14球目。
「空振り三振、小林勝った」
低めのストレートに見えるが、オマリーのバットは空を切った。
くるっとバックスクリーン方向に向きかえり「シャアっ」と吠えた小林。
中嶋も腰のあたりでガッツポーズ。
「ぐしゃ」オマリーがたたきつけたバットが鈍い音を放った。

それから20年

中嶋はオリックスを経て西武、横浜、日本ハムでプレー。
終盤はコーチ業もしながらだったが、必要とされていた。
名勝負もすごかったが、長年やり続けたことにも拍手を送りたい。
若き日のあのオマリーとの名勝負は、その後の選手生活やコーチ業にどんな影響を与えたのだろうか。