黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

谷佳知、友に捧げたホームラン

f:id:tf-zan96baian-m-stones14:20160108220816j:plain

※写真は2004年版ベースボールマガジンの野球カードを使わせていただきました。

 

本日付は何で行こうか少し迷った。

世間的にはマエケン

しかし、黒柴スポーツ新聞は独自目線で勝負する。

今回は2015年シーズンをもって引退した選手の中から、谷佳知をピックアップする。

 

ユーティリティープレーヤー逝く

昨日も触れたが、谷は相当な数の安打を放っている(1928本)。

その中から一本選ぶとしたら、やはり木村拓也追悼試合での一発だ。

木村拓也ー。

どこでも守れるユーティリティープレーヤー。

しかしそれはいろんなことができなければ試合に出られない、その裏返しとも言えた。

捕手も経験しているから、巨人時代は急きょマスクをかぶるということもやってのけた。

素晴らしい選手だったが、コーチとなり広島への遠征中、しかも試合直前にグラウンドで倒れ、そのまま帰らぬ人となった。

 後日、巨人ナインは球場で円陣を組んだ。

「タクヤー!」

原監督はどんな思いで絶叫したのだろうか。

 

高橋建との好勝負

そんな木村と同僚だったのが同級生の谷。

かつて木村が在籍した広島と、巨人とでの追悼試合が行われ、スコアは2-3と広島が1点リード。

しかし8回裏、巨人は一死満塁のビッグチャンスを迎えた。

ここで代打・谷。

2ボール1ストライクからの高めの球を引っぱたくと、打球はスタンドに飛び込んだ。

代打逆転満塁ホームラン。

確認のためYouTubeを見ていたのだが、一瞬でも気を許すと涙が出てきそうだった。

本紙が見たその動画は85万回以上再生されていた。

みんな同じ思いになったことだろう。

 喪章をつけて直球勝負を挑んだ広島・高橋建も男である。

それにしても、谷はそれまで一本も満塁ホームランを打ったことがないのだから、もはや木村が打たせてくれたと言うしかない。

谷は惜しくも2000安打には届かなかったけれど、きっとファンは喜んでいる。

なぜなら、谷は友のために85万回もホームランをかっ飛ばしたのだから。

  

惜別球人 プロ野球 時代を彩った男たち 山本昌、谷繁元信、谷佳知、関本賢太郎、東出輝裕、木佐貫洋

惜別球人 プロ野球 時代を彩った男たち 山本昌、谷繁元信、谷佳知、関本賢太郎、東出輝裕、木佐貫洋

 
一生懸命―木村拓也 決してあなたを忘れない

一生懸命―木村拓也 決してあなたを忘れない