吉村禎章とぶつかってしまった栄村忠広の猛スピードは全力プレーの結果

※写真は2004年版ベースボールマガジンの野球カードを使わせていただきました。 センバツの行進曲が西野カナの「もしも運命の人がいるのなら」に決まったと、運転中にNHKラジオのニュースで聴いた。 この時点ではブログの内容を決めていなかったので、これを下地に考えてみることにした。 一冊の本のタイトルが浮かんだ。 …