黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

その時、一番自分に合うものでやる~ソフトバンク、釜元豪の活躍で首位奪回

まだまだ序盤とはいえ、ソフトバンクが3連敗で首位陥落。打線が上向かない、追加点が奪えない流れにあったが5月29日はオリックスに快勝。1日で趣意に返り咲いた。立役者の一人が今季売り出し中の釜元豪だ。

 

釜元 豪選手のテーマ

釜元 豪選手のテーマ

 

 

 

柳田悠岐中村晃の復活が待たれるが、釜元は生き残りがかかっている。主力の不在はチャンスと、ヒーローインタビューでは素直に胸の内を語った。その通り。チームのためには主力復帰を願わねばならないが、層の厚いソフトバンクにあって、試合に出られるチャンスはそうそうない。アピールしなければならない、という釜元の言葉は本心なのだ。

 

とはいえすぐさま定着できるほど甘くはない。打ったり打たなかったりだから、釜元は使われたり使われなかったり。釜元は試行錯誤を続け、今は重心を下げる打撃フォームを採用している、と西日本スポーツ記事に書いてあった。

 

印象的だったのがこの言葉。

「その時、一番自分に合うものでやっていきたい」

これ、すごく大事。

 

私はなかなか自分のスタイルが崩せない。もっと柔軟になれればいいのにな、と思う。そんなだから、もし改善のためにやり方変えたら、それをさらに変えることにも抵抗がある。せっかく変えたんだからもっと粘らなきゃいけないんじゃないか、と。

 

しかし結論から言えば、結果が出ないのなら変えるしかない。釜元のように結果が出ていたり、今これが一番いいな、と感じられているなら変えなければいいのだ。とにかく、その時一番自分に合うやり方で勝負すればいい。変えるのがいいとか変えないのがいいとかではない。その時の自分に一番合っているのか、が重要だ。

 

他人から見たらこれで打てるのかな?  よう打てるな、というフォームもある。しかし本人が納得して、成績もそこそこ出ているならとやかく言われる筋合いはない。納得するまでそのやり方で突き進んだらいい。社会人もプロ野球選手も結果がすべて。結果が出るやり方はそのうち認められるのだから。その時一番自分に合っているのか。私もそれを意識しよう。

 

ソフトバンク中村晃が復帰するとの情報もある。チームにとっては追い風だが釜元にとっては逆風だ。中村晃が復帰してもなお釜元が選ばれるためには、結果を出し続けるしかない。中村晃復帰後の選手起用はどうなるか分からないが、釜元も試行錯誤を続けながら、結果を残してもらいたい。


野球ランキング