黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

優れた企画は人をワクワクさせる~中日本拠地開幕戦で権藤博vs立浪和義

4月2日の中日ドラゴンズ本拠地開幕戦で権藤博立浪和義が対決するという。と言ってももちろん始球式。でも、本当にワクワクする企画だ。

もっと投げたくはないか 権藤博からのメッセージ

もっと投げたくはないか 権藤博からのメッセージ



なぜこの二人かと言えばもちろん、そろって野球殿堂入りしたから。タイミング的にも、2019年の開幕戦でこの二人がパフォーマンスすることは想定内ではある。

しかし中日スポーツの記事で、権藤さんのこんなコメントを見たらついつい期待してしまう。
「俺は立浪に打ってもらいたいんだ」

楽しい企画とは、こういうものなんだな、と思う。世の中は企画にあふれている。ほとんどは企画者が、注目を集めたくて企画を立てる。だから当然、企画者が「どう? 面白いでしょう?」と思う自信作だ。

しかし本当に優れた企画とは、受け手が能動的に楽しめてしまうものなんじゃないか。権藤博vs立浪和義なんて、企画した人も楽しいに違いないが、提示されたファンは疑うことなく盛り上がれる。楽しみって、計算してつくるものよりは、わき上がるものであってほしい。きっとその方が楽しい。

権藤さんのコメントのおかげで想像が膨らんでしまった。立浪和義は打つだろうか。打つんだったら二塁打になってほしいな。なんて。

優れた企画とはこんなに人をワクワクさせることができるんだ。とても勉強になりました。

あわせて読みたい権藤博立浪和義関連記事はこちら。

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com


野球ランキング