黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

正装でスイッチを入れる~日本ハム移籍の金子弌大が試合用ユニホームに込めた思い

日本ハムに移籍した金子弌大(ちひろ)が、初めての投球練習にビジターの試合用ユニホームを着用したという記事を読んだ。さすが日刊スポーツ。目の付け所が秀逸だ。私は金子弌大のように、自分で「スイッチを入れる」人が好きだ(本日のカット用広告は、金子が移籍間もないためオリックス系で誠にすみません!)。

金子千尋の変化球バイブル ハンディ版

金子千尋の変化球バイブル ハンディ版



日刊スポーツの見出しは「日本ハム金子おしゃれだから?“正装”初熱投45球」となっていた。金子はおしゃれらしい。だが、金子弌大が練習用ユニホームではなく試合用を選んだのは、この一年やってやろうじゃないか、という気持ちの表れに違いない。

曲がりなりにも元オリックスのエース。野球協約を超える大幅な減俸をのむかどうかよりも、必要とされる所で輝きを取り戻すことが金子には重要だったのではないか。エースが必要としたのはお金ではなくプライドだったように思う。だからこそ、気持ちを引き締める意味合いがあった。

私は金子弌大みたいに素晴らしい実績はないし、野球選手でもないのだが、きょうは頑張りたいなとか、きょうは気持ちを込めたいなという日はわざわざスーツを着た時期がある。

別に「正装」とはスーツに限らない。気持ちを引き締めるアイテムなら何でもいいのだ。お気に入りのネクタイ、おろしたての革靴。女性ならネックレスでもスカーフでも、「よし!」とちょっと背筋が伸びちゃうアイテムはあるのではないか。

それをとっておきの日に身に付ける。重要なアポがある、プレゼンがある、締め切りの日、大切な人に思いを伝える日、入社や異動初日などなど……。そのための正装にはすごく意味があると思う。

というわけで、やる気満々の金子弌大には要注意だ。ここまで書いてきてなんだが、私はソフトバンクファン。金子には西武戦あたりで活躍してもらい、ソフトバンクを側面支援していただきたいと思う。
さて、あなたにとっての正装は何だろうか? 私は普段からスーツを着ているので、きょうは!という時はお気に入りのシャツやネクタイでスイッチを入れようと思う。それでは、一緒に頑張りましょう。

あわせて読みたい金子弌大の関連記事はこちら。
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com


野球ランキング