黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

劣勢の中でも最善を尽くす~第90回センバツ明徳谷合逆転サヨナラ弾への布石

第90回選抜高校野球で高知の明徳義塾が初戦を突破した。九回二死から四番・谷合悠斗が劇的な逆転サヨナラ3ラン。派手な勝ち方だけに谷合がフォーカスされたが、それだけではフツーすぎる。明徳ウォッチャーは知っている。ポイントはその前の8回の攻撃だったということを。
 

 市川、魔の8回

大会屈指の好投手・市川悠太が8回、突如、四死球を絡めて崩れこの回だけで4失点。明徳は初回3点を奪ったが以後は無得点に封じられており、8回表が終わって3-5と劣勢に立たされた。

 
やられたらやり返したいところだがその8回の攻撃は先頭の渡部颯太が四球を選ぶも主砲・谷合悠斗が最悪のダブルプレー谷合も必死のヘッドスライディングを試みるもアウトになり、あごに付いた土が余計に敗戦ムードを漂わせているように見えてしまった。
 
明徳たるゆえん
が、おそらく敗戦ムード云々を言うのは部外者だけで、明徳ベンチは追い上げる気満々だったのだろう。ここからが、こここそが明徳の明徳たるゆえん。続く中隈廉王が内野安打。そしてすかさず盗塁成功。二死ながらスコアリングポジションランナーは進み、安田陸がしぶとくタイムリーを放ち1点を返した。これで4-5。試合はまだまだ分からない。
 
ずるずるいかない
最終回を1点リードで迎えるか2点リードで迎えるかは、精神的にはちょっと違うだろう。近年は打力がすさまじいから2点リードでもまったくセーフティリードではないのだが。しかし、明徳の8回の1点は、劣勢の中でもやれることはやって勝ちにつなげようという一手だった。そう、明徳は黄金期の西武ライオンズばりに「負けない」チームなのだ。劣勢でもずるずるいかない姿勢は大事だなと再認識させられた。
 
じわじわいく
じわじわいく反撃は9回にも。野球はツーアウトからの言葉通り、田中闘がヒットで出塁。ここでさらに最善を尽くして代走に保市勇平を送った。そして渡部颯太は死球を受け、舞台は整った。バッターボックスにはあごに土を付けたままの谷合悠斗が入り、豪快に逆転サヨナラ弾をスタンドに叩き込んだのだった。
 
陰のMVPは
というわけで陰のMVPは8回谷合ゲッツーの後も気持ちを切らさなかった中隈&追い上げイムリーの安田を個人的には選びたい。エース市川だけでもなく、四番谷合だけでもなく。しぶとさが信条の明徳イズムの忠実な継承者がそろっているように見える今年の明徳義塾。初戦の厳しいヤマを越えたから余計に、優勝が狙えるのではと期待している。
 
 
あわせて読みたい明徳義塾関連記事はこちら。

野球ランキング