黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

代わる代わる穴を埋める~ソフトバンク優勝ならMVPは誰なのか

東スポWebにこんな見出しを見つけた。
「パ首位なのに…ソフトBにはMVP候補がいない」

そんなことないだろうと思ったが、「?」。確かにこの人だ!と決めかねる。

 

MVPだから成績はぶっちぎるくらいでないと。その点、2019年のソフトバンクは打者でも投手でも軸があるようなないような。デスパイネは4番でそこそこ勝負強い打撃をしてくれているが例えば西武の山川やら中村剛也の方がインパクトは大きく数字も残している。

 

投手はもちろん千賀が軸だが 最多勝には届いていない。勝ち星では高橋礼と変わらない。さらにここのところ打ち込まれており、被弾はリーグワーストだ。印象があまりよろしくない。

 

それでもやはりMVPは優勝チームから選んでもらいたいのだが、このままでは票が割れると予想する。個人的には交流戦で活躍した松田宣浩かなと思う。数字的には抜きん出ていないが、チームに勢いをもたらした意味で、交流戦の活躍は評価されるべき。また、故障者続出の中、よく試合に出続けてくれた。

熱男のことば 球界最高のモチベーターが実践する究極のポジティブマインド
 

 

 

なお、開き直るがMVP候補がいないのはチームの総合力で首位にいることの、何よりの証しではなかろうか。特に前半戦、あれだけ故障者が続出したら下位を低迷してもおかしくない。もともとソフトバンクは野手が「高齢化」している懸念があった。だが、こんな時はスタメン奪取のチャンスとばかりに周東ら若手が台頭した。さすがに定着までは至らなかったが一時的には穴を埋めてくれた。

 

ピッチャーも五十嵐や攝津らがチームを去り、若返った。ルーキー甲斐野を筆頭に、椎野、高橋純平、松田遼馬らが競うように結果を残そうと踏ん張った。先発でも高橋礼が初のローテーション入りながら2桁勝利は立派だ。

 

助っ人外国人はデスパイネが徐々にエンジンを上げ、チームが苦しい時はグラシアルが勝負強いバッティングを見せた。モイネロも8回は定位置になり、森によくつないだ。キューバ代表としての活動のためグラシアルと夏場に離脱した時はもはやこれまでと観念したが、何とかチームは持ちこたえた。

 

 

…………なんて書いていたら、やっぱり一人の力だけでは勝ってきていないということがよく分かる。このままソフトバンクが優勝してMVPがさっと決まらなくても、そんなシーズンだったんだなということで別にソフトバンクファンはこだわらないのでは?と思う。みんなが代わる代わる穴を埋める。そんなチームが優勝するのも悪くない。


野球ランキング