黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

猛攻呼んだ高知商業初回の堅守~またも2けた得点で慶応を撃破

高知商業対慶応。最初に書いておくがこの記事は高知商業びいきで進行する。試合展開の予想から書こうと思ったら高知商業は初回いきなりヒットからのスーパー1年生、西村貫輔がタイムリ三塁打。1回戦の山梨学院戦に続き活躍の予感だ。相変わらず笑顔がまぶしい。2点目が取れたらよかったが、後続は断たれた。

さあ高知商業はエース北代真二郎が先発。恐らく北代が降板する時は高知商業がかなり劣勢だろう。初回いきなりヒットを許すと次は死球で慶応チャンス。さらにヒットで無死満塁。打者は4番。三塁西村を強打が襲い打球はレフトへ。ここはレフト藤高が好返球でホーム寸前タッチアウト! タイムリーで2点目を失うも、ライト前ヒットではライト前田がストライクの返球でまたもや本塁タッチアウト! 北代が打たれまくっているのは気になるがバックはしっかりもり立てた。2点取られて逆転されたがもっと取られてもおかしくなかった。追い付きたい高知商業。2回は先頭が四球。送りバントを試みる間にバッテリーミスがありランナー二塁へ。ここで北代が送りバント。続く浜田が三振するも結果的に振り逃げに。浜田は盗塁に成功し1死二、三塁。次がピッチャーゴロになるも本塁へは悪送球に。三塁ランナーが帰り同点! そしてまたもやスーパー1年生、西村貫輔がタイムリ二塁打! これで西村は甲子園初打席から7打席連続出塁。思えば1回戦も初回に打球を弾いたがその後西村は大活躍。これは吉兆か?
甲子園 2018 [雑誌] (週刊朝日増刊)

甲子園 2018 [雑誌] (週刊朝日増刊)

セカンドゴロでようやく2回の攻撃終了かと思われたら、慶応二塁手お手玉。ここで藤田が外野を真っ二つのタイムリ三塁打! この回一挙7点を奪い8-2とした。何か高知商業に見えない力がはたらいているようだ。

2回の裏は慶応にヒットを許すも後続をゲッツーに仕留め得点許さず。流れは徐々に高知商業か。

高知商業は4回、1死満塁のチャンス。ここで藤田がタイムリ二塁打! 慶応はたまらず先発・生井から渡部に継投した。なおも1死二、三塁。ここで北代が犠牲フライ。さらに浜田がタイムリーを放ち12-2とした。今どき高校野球にセーフティーリードなんてないだろうが、このまま勝たないかと期待は高まる。慶応は5回裏、下山の2点本塁打で12-4。高知商業としてはとにかくビッグイニングを作らせなければいい。さあ試合は後半に。

慶応は2番手の渡部がスライダーを駆使して高知商業を封じ始めた。が、6回に高知商業がランナーを二塁に進める。続く打者がレフト前に運ぶがここは慶応が前進守備からうまく中継し本塁タッチアウト。慶応もまだまだあきらめない。

試合は終盤。高知商業はいい当たりを放つも慶応が好捕。こうしたことが続くと流れが慶応に行きかねない。高知商業は反撃ムードを断たねば。

7回は1死から慶応がランナーを出す。慶応側のスタンドは盛り上がる。ここで失点したらまだまだ差はあるとはいえ気を付けねば。と思っていたらピッチャー強襲の打球を北代がグラブに当て、二塁に送ってダブルプレーに。高知商業は好調な打線に目が行きがちだが、ここまでノーエラー。思えば初回大量失点を防いだのはバックの堅い守りだった。

さあいよいよ9回。慶応は先頭奥村が二塁打。代打田辺も続き1点を返した。12-5。さらにライト前ヒットでチャンス拡大。慶応は宮尾がライトに大飛球を放つも前田が背走しながらナイスキャッチ! 犠牲フライにはなり12-6。追い上げムードは高まったが、何とか振り切った。ツーアウトから連続で捕手・乗松がキャッチャーフライを落としたのはご愛敬か。
夏の甲子園 名勝負ベスト100 (文春MOOK)

夏の甲子園 名勝負ベスト100 (文春MOOK)

結局、高知商業は2試合連続の2けた安打、2けた得点。打線は水ものとは言うが、行けるとこまで行ってほしい。次はベスト8をかけて同じ四国の済美と16日に対戦。済美は延長13回、タイブレークの末、逆転サヨナラ満塁ホームランで星稜を下した。果たして壮絶な打ち合いになるのか。高知商業の強力打線にまたまた期待したい。