黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

配置転換の意味が分かる人、分からない人~柳田悠岐がコンバート

ソフトバンク柳田悠岐がライトにコンバートされた。代わりに上林誠知がセンターに回った。ずっとかは分からないが、柳田悠岐は脚を傷めているため、その回復具合によるのだろう。

ソフトバンクは3位に甘んじているが、主力の離脱、不調が続いているのでむしろ健闘しているように見える。頼りは柳田悠岐の打力なのだから、休ませたくてもそれができない。ちょっとでも負担を減らす試みがこのコンバートらしい。黒柴スポーツ新聞編集局長は草野球で外野を守ったことがあるのだが、ライトやレフトは意識を自分の右側、あるいは左側に集中できる。しかしセンターは左右どちらに打球が飛んでくるか分からない。捕球するにも左右両方に応じた筋肉の動かし方なのだから、疲れたりけがするリスクも高そうだ。二刀流まではいかないが、いわゆるデキる人のつくポジションである。そんな人が、ちょっと楽なポジションに移れることになった。さあ、どう考えるか。普段頑張ってるんだからちょっと休んでもいいかなと思うのか、休めた分をどこかに振り替えるのか…このコンバートを取り上げた西日本スポーツの記事によると、柳田悠岐は「そういう使われ方をするってことは打たないといけない」と受け止めている。そう、柳田悠岐はきちんとコンバートの趣旨を理解している。それはチームから説明があったのか、主力としての自覚からなのか。自覚だとしたらカッコいい。頼れる内川聖一はけがで離脱。2桁勝利が見込める千賀滉大、東浜巨武田翔太はそろって不調あるいはコンディション不良。おれが頑張らねばと思わないはずがない。
内川家。

内川家。

ただし柳田悠岐はいつも全力プレーなので見ていてヒヤヒヤする。実際にけがしてそれがペナントレースに影響したことがある。柳田悠岐はそれだけの選手なのだ。デキる人は普段頼りになるが離脱するとものすごく痛い。穴がふさがらないのである。それでも今回のコンバートで気付いたのは、それができる若手=上林誠知が出てきたこと。ここは強調しておきたい。ソフトバンクは選手の平均年俸が高いとか巨大戦力だとか言われるが、きちんと自前で育てている。極端な例かもしれないが千賀滉大も甲斐拓也も石川柊太育成出身だし、上林はドラフト。着々と戦力になっている。今回のコンバートは上林が着実に成長していることの証左でもある。デキる先輩のフォローができるようになると、後輩としても誇らしいものだ。これ以上柳田悠岐頼みになってもいけないが、一つでも多く勝たないと西武に独走を許してしまう。救援陣が磐石でない分、打線の奮起を求めたいが、そう簡単にはいかないだろう。ソフトバンクファンには我慢の時期が続きそうだ。