黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

成長を妨げるのはあの技~栃ノ心初優勝の陰で鶴竜大失速

初場所は栃ノ心が優勝した。その頑張りは認めつつ、あえて注目したい。横綱鶴竜の大失速だ。

引き技は鶴竜の悪い癖。自他共に認める悪い癖だ。これが何とも、自分の弱い心とダブる。

スキルが足りない。時間がない。人手が足りない。相手方の都合が悪くなった…仕事がうまくいかない理由はいろいろある(あえて口にするかは別として)。

しかし社会人は結果がすべてだから、最低限の成果は残さねばならない。そこで繰り出されるのが「間に合わせ」の成果。可もなく不可もなく。怒られるほどではないが褒められることはない。

NHKラジオで舞の海秀平氏が言っていた。鶴竜は関脇時代など横綱になるまでに、土俵際の逆転で勝ち星を拾ってきたのだと。数字上、結果は残してきたのだから横綱にはなることができた。しかし圧倒的な力が示せているかと言えば違う。優勝は通算3回しかない。

間に合わせは確かにピンチをしのげる。一方で間に合わせでしのいでしまったツケは必ず来る。その時はダメージが少ないが成長の妨げになる。
そう感じているからこそ今回の鶴竜の失速は、自分の弱い心とダブってしまったという訳だ。

対照的に栃ノ心は持ち前の怪力で初場所を制した。よく「自分の相撲をとる」と言うが、それができる人はやっぱり強いなとあらためて思った。相撲は力だけでは勝てないだろうから、栃ノ心は駆け引きなり柔軟さが加わればさらに上を目指せるのではと期待している。

とまあ偉そうに言う前に自分もスキルアップを心がけよう。

あわせて読みたい相撲ネタはこちら。

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com