黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

張りつめた気持ちを緩める必要性~ソフトバンクvsDeNA日本シリーズ第5戦の夜に

リーグ3位からの日本シリーズ進出を快く思わない人たちに言いたい。まがりなりにもCSを突破しているのだからそれは言ってはいけない

今年だって何だかんだ言いながら、日本シリーズ楽しめてませんか? DeNAの頑張りで。今、青き軍団の若人たちはソフトバンクの肉厚の胸を借り、一戦一戦かけがえのない経験をしている。これこそがCSおよび日本シリーズの副産物である。

いかにソフトバンクとはいえ、第6戦を取らないと「万一」はある。さすがに相手はプロなのだから。

CSからラミレス監督の大胆采配がクローズアップされてきたが、第5戦では過去にない守護神山崎康晃のイニングまたぎが実践された。

イニングまたぎなんていつから言い出したのだろう。昔の抑えは3イニングくらいフツーに投げていたわけで、いちいちイニングまたぎなんか言わなかった。今や投手の分業化は確立され、1イニングごとにリレーしていく。だから2イニングいくとかえって目立つ。

しかし本来抑えはここぞというときに投入されてこそ。だから8回でも山崎康晃投入は禁じ手でもなんでもなかった。

ただし。気持ちの切り替えは大事らしい。今回の日本シリーズDeNA進出のおかげで、前のオーナー局であるTBSが中継してくれたがその解説の佐々木主浩が言っていた。まずは投入された場面を抑えることだ、と。まず最初のピンチを乗り切り、ベンチに帰ったら一度気持ちを切り替えるという。確かに未来は今の連続。まずは今を乗りきらねば次の展開などない。山崎康晃も8回2死一、二塁、次のバッターは柳田悠岐というしびれた場面で投入された。山崎康晃の速球に柳田悠岐のバットが当たれば弾丸ライナーでスタンドに突き刺さることだろう。第5戦のヤマ場の一つだった。ここは速球とツーシームのコンビネーションで討ち取った。ソフトバンクはここで得点できなかったのも痛いが直後に柳田悠岐が退いたのが脇腹のけがに関わることならなお痛い。士気にも関わる事態だ。窮地に追い込まれている間、人によっては緊張やら高いテンションをずっと持続させるかもしれない。一旦気持ちが切れると再び気持ちを高めるのが簡単ではないからだ。

一方でずっと緊張し続けるにしても限度はある。ゴムもずっと引っ張りっぱなしだと伸びきってしまう。最悪の場合、ぷっつり切れてしまうかもしれない。

仕事の仕方が100メートルなどのスプリント型である人と、ひたすら走るマラソン型の人に分けたら、黒柴スポーツ新聞編集局長は今、マラソン型だ。もちろんその日とかその時間にダッシュでこなさねばならないことは人並みにある。だがならして見渡したらずっと一定のリズムで作業をしている。作業の連続だ。たばこも吸わないから1日机に、パソコンに向かっている。

人より緊張しているなんてことは言わない。誰しも心を砕き、神経を使いながら仕事をしている。だからこそ、あまり緊張をし続けるのもいかがなものかと思い始めている。自分自身、オンオフの切り替えがうまくいっていない実感がある。疲労は少しずつ体をむしばんでいく。だからこそ気を付けないといけない。

黒柴スポーツ新聞はソフトバンクの与党メディアなのだが、大変さはサファテも山崎康晃も変わらないなと思っている。抑えて当たり前、打たれたら戦犯。中継ぎや抑えは厳しい職場環境にある。だからこそ、一回一回気持ちを切り替える必要があるのだろう。いちいち考え込んでいたら次の登板に響いてしまう。それは反省していないのではない。

そういう意味では決勝点になってしまった明石健志のエラーもかばいたくなる。確かにプロなら何とかしないといけなかったが、年間を通したらたくさんのゴロをさばき続けているわけで、数少ないエラーがクローズアップされてしまうのは気の毒な気もする。最後のソフトバンクのチャンスに明石に打席がめぐってきたのは野球の神様のいたずらか。DeNAの外野は極端な前進守備を敷いていたから頭を越したら一気に逆転…と夢を見たがそこまで甘くはなかった。内野ゴロに倒れ、決戦は福岡に持ち越された。

ここで移動日。

ソフトバンクともども、こういう「間」、時間の使い方は大事だ。

張りっぱなしのゴムを緩めるように、肩の力を抜かねば。そして逆襲…。いろんな意味で、ソフトバンクと共に戦おうと思っている。

あわせて読みたい日本シリーズ関連記事はこちら。
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com