黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

やるべき時にやれるのが実力~第99回甲子園、波佐見-彦根東の勝敗を分けた3塁ゴロ

第99回夏の甲子園が始まった。開幕試合は波佐見(長崎)ー彦根東(滋賀)。ともに県立であり、試合を見始めた時はまだ0-0だったのでどちらを応援するわけでもなく見ていた。波佐見は4番内野君の今大会第1号で先制したが彦根東が吉本君の3ランで試合をひっくり返したので、波佐見を応援することにした。

 

試合は6-5で彦根東が逆転サヨナラ勝利を収めた。試合を決めたのはそこまで4打席凡退した4番打者・岩本君だった。波佐見の4番は2回の先制ホームランに加え、7回には起死回生の逆転タイムリーを放って合計3打点。9回に入るまでは「勝敗を分けたのは4番の差」をネタにブログを書くつもりだった。

 

解説の長野哲也さんも言っていたが両チームしっかり狙い球を打って少ないチャンスをものにしてミスらしいミスもなかった好ゲームだった。岩本君の最後のライト前タイムリーもライトから好返球があり、2塁ランナーも間一髪の生還。勇気をもって3塁を回ったことがよかった。じゃあ何が勝負を分けたかと考えたが「運」という結論になった。

 

勝負の分かれ目は9回1死一、三塁からの朝日君の3塁ゴロと見た。ランナーが3塁にいてスクイズも考えられたがバッターは打ちに行った。ここでゴロを打ったのがポイント。試合後の監督インタビューによればサインはランエンドヒット。ここでゴロを打てたのが大きい。

 

当たりがいくら良くてもライナーでゲッツー、試合終了という最悪パターンだってありえた。ただ、「1点を取る練習」はしてきた、と彦根東の監督は話していた。練習をしておかないのは最悪だが、練習をした上で、本当にやらねばならない時にできるのが本当の実力だと思う。

 

あの3塁ゴロはボテボテだったこともよかった。当たりがよければ3塁ランナーはホームに帰れず、アウトカウントは一つ増えたはずだ。フライでもライナーでも強い当たりの3塁ゴロでもなくボテボテの3塁ゴロ。彦根東には運があったと思う。

 

彦根東の4番・岩本君は第4打席まで凡退。6番バッターが3ランを打ったからよかったものの負けていたら責任は感じていたはずだ。しかしチームメイトがつないで最高の場面で打席が回ってきた。ここで打てば過去の4打席はチャラになる。それどころかヒーローだ。

 

波佐見は同点に追いつかれた9回2死から、粘投してきた先発の背番号10・隅田君から背番号1・村川竜君にピッチャー交代。この場面で起用されるのは信頼の表れだ、と解説の長野哲也さんは言っていたがこれがこのチームの継投なのだろう。村川竜君の投じた最後の1球は外角に投じられたがシュート回転をしながらやや内側に入ってきた。このへんが彦根東にあった二つ目の「運」だ。

 

それにしてもよく最後の最後に岩本君が打った。たまに4番バッターを「4番目のバッター」と特別視しない言い方がされるがやはり4番やエースというのは試合を託される人のことを言うのだ。チームメイトの粘りで最後に打席が回ってきた岩本君自身にも運があった。それを実力でものにしたのだった。

 

試合後のクールダウンで波佐見の先発・隅田君はサヨナラヒットを打たれた村川竜君とキャッチボールをしていた。あのキャッチボールで二人はどんな会話をしたのだろう。打たれた村川竜君は「すまん」と思って隅田君にボールを放っていたのだろうか。

 

「おまえが打っていれば」

「おまえが打たれていなければ」

「おまえが守れていれば」

 

3年間苦楽を共にしたチームメイトであればラストプレーを責めるという行為はないのだろうか。このあたりは高校野球経験者に聞いてみたいところだ。

 

第99回夏の甲子園を開幕延期に追い込んだ台風5号の影響で出勤日と休日が変更になった筆者だが、好ゲームになった開幕試合を自宅でじっくり見られたのは運があったということか。どれだけリアルタイムで試合を見られるか分からないがこの夏もできるだけ高校野球を楽しもう。

 

あわせて読みたい夏の甲子園ネタはこちら。

 

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com