読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るワンシーンやプレーヤーについて綴ります。

4試合連続完封の城之内邦雄は16-0でもノーヒットノーラン~菅野智之は3試合連続完封でストップ

5月9日、阪神戦で菅野智之は4試合連続完封に挑戦なるか。楽しみにしていたが、帰宅途中のカーラジオではあっさりと、阪神打線がその野望を打ち砕いたことを伝えていた。

 

もし4試合連続完封で来ていたら、1965年に巨人の城之内邦雄が記録して以来52年ぶりだった。

 

f:id:tf-zan96baian-m-stones14:20170509222121p:plain

黒柴スポーツ新聞編集局長は城之内邦雄をリアルタイムで見ていた世代じゃない。だが大差の中でもノーヒットノーランをやった人、という知識はあった。

 

確か10-0というスコアじゃなかったか、と野球カードをあさってみてびっくり。何と16-0でのノーヒットノーランだった。

 

野球カードには「打線が活発でどんなにリードしていても手を抜かない実直な性格で、16対0ノーヒットノーラン記録(68年、対大洋戦)は、その典型と言われた」と書かれていた。

 

何て素晴らしいんだ。

 

大差で勝っていたら、ちょっとやそっと打たれようが痛くもかゆくもない。意識的に手を抜く人はいなくとも、無意識に「安心感」を抱いたとしても不思議じゃない。

 

それがノーヒットノーラン。この人、どこまで完璧主義者なんだ。

 

後楽園球場のサムライたち―沢村栄治から城之内邦雄まで

後楽園球場のサムライたち―沢村栄治から城之内邦雄まで

 

 一球入魂

というよりも、どうやら「丁寧な人」らしい。インタビュー記事を読んだことがあるが、一球入魂、一球ごとに勝負していたというのだ。

 

無駄な球は投げない。それで3球三振に仕留めたところ、川上哲治監督に罰金を取られたことがあったという。まあ監督からしてみたら慎重に攻めよ、ということかもしれないが。投げるリズムも滅法早かったという。

 誇りは完封の数だそうで36完封。城之内邦雄は通算141勝だからほぼ4分の1が完封だ。チームメイトだった堀内恒夫は203勝と62勝も上だが完封数は37と、城之内邦雄より一つしか多くない。そりゃ自慢したくなるだろう。

 

ノーヒットノーランは投手と野手との共同作業だ。投げる方も丁寧だし、守る方も丁寧だからこそ成り立つ。同じゴールを目指すチームメイトとはこういう丁寧な関係でありたい。

 

 一球一球全力で投げた結果

城之内邦雄の出場試合は359試合だが、うち112試合で完投している。一人で投げ切るのが当たり前の時代背景も考慮しないといけないが、日刊スポーツ記事によると、完投しようと思ったことはなく、それでも完投できたのは「一球一球全力で投げた結果」だという。

 

確かに完投を目指すなら1イニング10球ちょっと、などとペース配分を考えるべきだ。しかし城之内邦雄は力を抜いたその球が打たれたら悔いが残るだろう、というのだ。

 

今は何かと効率が求められるから城之内邦雄的な発想は受け入れがたいかもしれない。しかし4試合連続完封くらいの離れ業は、最初から最後まで全力でやらないとなしえないような気がする。そのくらい精魂込めないとできないことは想像がつく。

 

日が当たるかどうかは別として、仕事をしているならそれなりにみんな、いいものを目指すはずだ。城之内邦雄みたいに全力投球する必要はないのかもしれないが「精魂を込める」、これが成功の秘訣じゃないのかな、と改めて感じた。まずは目の前の作業を手を抜かず、一つ一つ丁寧にやっていこう。

 

名投手たちに興味がある方へのおすすめはこちら。気に入った記事はぜひシェアお願いします。今後の執筆の参考にさせていただきます!

 

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com