読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るワンシーンやプレーヤーについて綴ります。

ブランドは自分でつくるしかない~前進守備をとらせなかった大谷翔平と、とってもらえなかった大瀬良大地

日本シリーズ第3戦中継は朝日放送系列だったため黒柴スポーツ新聞編集局長はいつものように日本シリーズ難民となった。第3戦は黒田博樹ラスト登板(の可能性)ということもあるが、個人的にはいかに日本ハムが立て直せるかに興味があった。見たい、見たい、見たい…



ということで野球通がいらっしゃる某所にお邪魔して見させていただいた。日本シリーズ中継を見ているのに「梶本隆夫って結構負けたよね」「真弓は若菜と一緒に太平洋から阪神に来た?」てな具合に思い付くことをひたすらしゃべってきた。何しに行ったんだか。
tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com



いやいや、試合自体も熱戦で楽しめた。最後に大谷翔平がライト前にタイムリー。だが注目したのは打撃ではなく広島の守備位置。前進守備を解き定位置に戻ったのだ。

大谷翔平 二刀流

大谷翔平 二刀流



解説の古田敦也はそれを見て敬遠だと言った。確かに前進守備でなければ2塁ランナー西川遥輝は刺せない。広島は大谷翔平の打撃力から大きな当たりが来ることに備えたのだろうか。スポニチはそのように分析していた。
www.sponichi.co.jp



広島は勝負を選択。インコースの窮屈さをものともせず大谷翔平が鋭く振り抜いて外野まで運んでしまった。



1点を防ぎたい時に外野はどこまで前進するのか。「自分の肩で刺せるとこまで、と言いますね」と野球通。なるほど。決してホームベースから何メートルなどと決まっているわけではない。ゴロでもバウンドでも捕ってバックホームしたのと、2塁からホームに走り込む走者の脚をイメージして、刺せるところまで前進すればいいのだ。肩の強さは人それぞれ。どこまで前進すればいいのかという限界は本人が設定すればよい。



仕事も本当はそう。ここまでの量、ここまでの質は確保できる。端から見てると楽々かもしれないが本当は必死のパッチで仕上げた結果かもしれない。偶然できちゃっただけかもしれない。質、量ともどこまでが限界かリアルな部分は本人にしか分からない。



過労死や過重労働という悲劇はそれとのギャップで起きているのだろう。もちろんスポーツだって選手がもうだめだ、できないと言ってもコーチがいけるぞと選手の力量を把握した上で鼓舞した結果クリアできることもある。負荷をかけねば伸びるものも伸びないのも事実だ。



だがデキる人ほどどんなポジショニングなら課題というランナーをホームで刺せるか、自分の肩を把握できている。周りから何と言われようとリスク管理ができているのである。



リスク管理と言えば、結果的に逆転されたが広島による8回裏の大谷翔平敬遠は順当と考える。ヒットこそ出ていたがチャンスに併殺打に倒れるなど中田翔は結果を出せていない。一打逆転の場面で、しかも天秤にかけられるのが大谷翔平とは言えわざわざ自分の前で敬遠するのだから、これで打てなければ主砲の心を折るには十分すぎるシチュエーション。やってみる価値がある戦法だった。



ただしTHE PAGEで池田親興が指摘していたが敬遠と同時に守備固めをしていてもよかった。黒柴スポーツ新聞編集局長と一緒に見ていた野球通は日本ハム逆転直後に「松山は代えとくべきだったかな。たら、ればだけど。赤松とかに」と言っていた。確かに森祇晶監督などはここと言う時にショートを田辺から奈良原に代えたりとやれる手はことごとく打っていた。緒方孝市監督、外野手出身だが抜かったか…。
thepage.jp


後ろにそらしたとはいえレフト松山竜平も果敢に突っ込んだ。いっぱいいっぱいのプレー。ドライにワンバウンドで捕っていたら「なぜ突っ込まない!」と熱いカープファンに突っ込まれたことだろう。でも精一杯のプレーだったから勝ち星が消えたとはいえ黒田博樹も何も言わなかっただろう。



サヨナラの場面、大谷翔平と勝負しつつもそこそこの打球を打たれる前提で前進守備を敷かなかったとすればその時点で気迫負け。江夏豊だったら前進守備やないってことは俺がデカい当たり打たれる前提やないか!と激怒しただろう。大瀬良大地もいい球投げるだけに、あそこで安心して前進守備をとらせられるピッチャーになってほしい。そのためには自分で実績を作るしかない。ブランドが確立されているかどうかでは大谷翔平の圧勝だった。

左腕の誇り 江夏豊自伝

左腕の誇り 江夏豊自伝



きょうの1枚は羽生田忠克珍プレー好プレーでも西武球場でのえげつないバックホームがよく放映されるあの人である。野球通の中居クンも推していた。第3戦ラストシーン、前進守備プラス羽生田忠克の強肩なら西川遥輝を刺せてたかもしれない?とちょっと遊んでみた。いやいや、刺せたとしたらこの人の強肩でしょうという選手が思い浮かんだらぜひコメント欄に投稿お願いします。この野球カード裏に書いていたが羽生田忠克は1992年の開幕前に雪の北海道でトレーニングするも足に凍傷ができて出遅れたのだとか。なぜ雪のあるところでわざわざ…。
f:id:tf-zan96baian-m-stones14:20161026163846j:plain