読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るワンシーンやプレーヤーについて綴ります。

飛び抜けた結果を残さないと印象には残らない~石川雅規15年目の150勝

細く長く続ける「ランナー」タイプ。短命でも彗星のように鮮やかな印象を残す「スプリンター」タイプ。人それぞれだから、どちらがいいとも言えない。8月27日、ヤクルトの石川雅規が150勝を達成した。石川は15年目だから前者のコツコツ型だ。


石川は小さなエースと言われている。身長167センチ。黒柴スポーツ新聞編集局長の方が背が高い。今、会社の先輩に「君は山口高志を見たか」を借りて読んでいるが山口は169センチだからさらに小さい。身体能力もプロで成功する条件の一つだが絶対に必要なわけではないことを証明している。ウィキペディアによれば牛乳が苦手だとか。牛乳が好きではなく身長が低い野球少年には朗報である。


せっかくの節目の勝利だからお祝い記事にしたいところだが、石川をエースと呼ぶことに編集局長は違和感を持っている。石川は現役トップクラスの2ケタ勝利11度を誇るが、1シーズンでは13勝が最高。投手分業化が確立されたとはいえエースなら15勝は最低ラインでなかろうか。
※参考 NPB石川雅規成績http://npb.jp/bis/players/11315115.html


もう一つ、「貯金」のなさも気になっている。2009年に13勝7敗で貯金6だが2ケタ勝った年でも貯金はそれが最高なのだ。編集局長が思い描くエースとは負けない人。一般企業のエースであれば、失敗しない人だ。

負けない投手として知られていた斉藤和巳と比較してみた。
【斉藤】実働11シーズン  79勝23敗 勝率.755
【石川】実働15シーズン 150勝136敗 勝率.524

年度別に見てみたが斉藤は20勝3敗(貯金17)、16勝1敗(貯金15)、18勝5敗(貯金13)とそのシーズンの貢献度は計り知れなかった。まさにエース。けがさえなければとつい言いたくなるが、プロにとってけがと成功が紙一重であることを身をもって知った選手の代表例である。
※参考 NPB斉藤和巳成績http://npb.jp/bis/players/71373882.html


そんなこと言ったって石川の方が71勝も多いんだからすごいだろうと言う方もいるだろう。編集局長も実は爆発力がなく、明らかに石川のようなコツコツ型と自負している。石川が通算で14の貯金があるのはコツコツやった結果なのだ。この点はものすごく評価している。


やっぱり長く続ければいいことはある。少しずつの積み重ねは結果として現れるのだ。ブログをやっている方は実感があるだろう。毎日でなくともコツコツ更新していけば累積のアクセス数は相当になる。黒柴スポーツ新聞はアクセスの85%以上が検索サイト経由だから毎日の蓄積がいかに大事かはよく分かる。


それが分かった上で言いたいのは、存在を印象付けるには飛び抜けた結果が必要だということだ。ものすごく速く管理職になった同期が言っていた。「いかに最小の努力で結果を出すか考えている」。これを聞いた時、編集局長は成果を出すまでの過程、努力を重要視するタイプだった(今でもそうかもしれない)ので、カルチャーショックだった。もっとも、昔から出世志向ではなかったが。これから職場のエースを目指す方にはぜひずば抜けた結果を目指すことをお勧めする。

プロ野球選手でも、使い古された言葉だが「記録」に残るタイプと「記憶」に残るタイプがある。細く長く続けるか。短命でも彗星のように鮮やかな印象を残すか。冒頭の二つのタイプがそれぞれに当てはまる。優等生的な態度になってしまうが、黒柴スポーツ新聞は両者をバランスよく扱っていきたいと思う。アスリートの生きざまには失敗談も含めて、何かしら、人生を豊かにするヒントが見えると思っているから。ちょくちょくのぞいていただいて何かしら考えるきっかけになれば幸いです。


きょうの1枚はヤクルトの小さな名投手、安田猛早大大昭和製紙)。小さいとは言われていたが石川より6センチ大きい173センチだった。石川はプロでは本当に低いんだな。制球力に優れ新人の1972年と73年に最優秀防御率。無四球試合1位のシーズンが4回ある。連続イニング無四死球は歴代1位の81(白木義一郎は2シーズンにまたがって92イニング)。田淵幸一の敬遠後に始まり田淵の敬遠で幕を閉じたのは有名だが日本記録達成の日に池田祥浩にサヨナラホームランを打たれていたとは知らなかった。

※参考 スポニチ記事【9月9日】1973年(昭48) 田淵敬遠で始まり田淵敬遠で終わった安田猛の無四死球記録http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_september/KFullNormal20070820146.html

f:id:tf-zan96baian-m-stones14:20160828152814j:plain