黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

落合、エース斎藤雅樹から奇跡の逆転弾を伝えた吉村功アナの名実況

f:id:tf-zan96baian-m-stones14:20160118213957j:plain

 

ソフトバンク工藤公康監督。

元巨人のエース斎藤雅樹

安打製造機榎本喜八

六大学48勝の山中正竹

元明大マネージャー、衆議院議員を務めた松本滝蔵ら5氏が野球殿堂入りした。

 

松本氏は存じ上げないが、ほか4人はそれぞれ記事が一本ずつ書けそうだ。

個性派が好きな本紙としては即、榎本に着目したいところ。

だが、彼について書かれた本を読み返してみたいので少々お時間をいただきたい。

 

連年の20勝、これぞエース

というわけで、少年時代に大活躍していた斎藤雅樹から始める。

偶然だが、1月18日付本紙「神戸に勇気を与えた1995年オリックス優勝」の写真で使ったイチローの野球カードのすぐ近くに、斎藤雅樹のカードをファイリングしていた。

読売巨人軍公式サイト」を見てみた。

1989年は20勝7敗。

1990年は20勝5敗。

斎藤雅樹は本当にエースだった。

最多勝は5回。

通算180勝。

斎藤雅樹が200勝しなかったことで、余計に名球会メンバーがすごく見える。

 

思い出した

ここまで書いたところで、思い出してしまった。

 本紙1月17日号「1988年涙の胴上げ投手・郭源治」で紹介した、吉村功アナウンサーのもう一つの名実況とは、斎藤雅樹が主人公なのである。

もったいぶらず、殿堂入り記念に書いてみたい。

 

中日先発は西本

1989年8月12日、ナゴヤ球場で中日巨人戦が行われた。

先発は西本聖斎藤雅樹

エースの投げ合いは終盤まで続くが、西本が先に1点を失う。

9回にはクロマティ、原のホームランで2点をダメ押し。

斎藤雅樹はヒットを1本も許さず、9回裏もすでにツーアウト。

ノーヒットノーラン目前である。

ここで代打・音重鎮

1軍に上がったばかりだったが、ライトへヒット。

斎藤雅樹の大記録を消してしまった。

続く川又米利は四球を選び、ツーアウト1、2塁。

さらに仁村弟が渋く右中間に運び、1点を返した。

なおもランナー1、3塁。

迎えるは、落合博満である。

 

「思いもよらない展開になってきました」

「投球数の疲れよりも、精神的な疲れの方がここへ来て出てますね」

今夜の解説は谷沢健一

「さて、落合を迎えるわけですが、これはあるいはという、西本さん、期待も出てきましたね」

「そうですね」ともう一人の解説・西本幸雄

「もちろん、一発出ればサヨナラホームランということになるわけですが」

まあそんなことはねえ、と言わんばかりに吉村アナも半笑いである。

ノーヒットノーランから、思いもよらない展開になってきました」

 

「ありましょうねえ」

 「やっぱり、西本さん、あのう、ノーヒットノーランできなかったというですね」

「やっぱりねえ、気持ちの上での落胆というやつはあります」

「ありましょうねえ」

 

ナゴヤ球場と言えばパロマ

1球目。

外角高めに外れ、ボール。

落合は呼び込むような構えを見せながらも、見送った。

気合十分である。

「しかしね、仁村に打たれた球なんかはね、私は決して悪いコース行ってる球じゃないと思うんですよね」と西本。

バックネット裏のパロマガス給湯器の広告が懐かしい。

中継画面内にパロマの文字が四つも見える。

例のごとく、バットのヘッドを1塁側に寝かせて待つ落合。

沸騰寸前のナゴヤ球場

斎藤雅樹が渾身のストレートを投げ込んだ。

 

「大きいぞ、入るかな?」

「これはセンター行ったぞどうだ、大きいぞ、入るかな? 入った、入った、入りました! 入りました! 奇跡の逆転スリーラン! サヨナラ! サヨナラ! こんなことがあるのか!」

スタンド方向を見つめる斎藤雅樹

3塁コーチャーに手を携えられ、落合が本塁に向かった。

「これは信じられませんねえ」

ホームには中日ナインが総出。

「信じられないですねえ」

幾多の名勝負を見てきた西本ですら、あっけにとられている。

 

「こんな試合は今まで見たことない」

「斎藤呆然、斎藤呆然、マウンド上、こんな試合は今まで見たことない!」

「サヨナラです。逆転スリーランです。落合です。20号です」

吉村アナも大興奮であった。

落合は星野監督とがっちり握手。

「4対3ドラゴンズ勝ちました。これはまさしく奇跡の勝利です、これは谷沢さん、言葉になりませんね」

「まったくなりませんね」

 

「ナイター中継89 中日ー巨人 終」

「来週は6時30分 おそ松くん」

「7時 所さんのタダものではない!」

「7時30分 らんま2分の1」

「8時 オレたちひょうきん族

中継は時代を感じさせる字幕で見事に締めくくられた。

 

すごすぎるゆえに

上で触れたようにこの年の斎藤雅樹は20勝を果たした。

だからこそ、落合のこの一発は余計にすごみを感じる。

 

斎藤雅樹は後年、小早川毅彦に開幕戦で3発ホームランを浴びる。

この二つのシーンが斎藤ではよく取り上げられるエピソードだろう。

だが、それはいかに斎藤雅樹がすごかったかの裏返し、ということは忘れてはならない。

プロ野球 最強のエースは誰か?

プロ野球 最強のエースは誰か?

 

 このほかのノーヒットノーランネタはこちら。

 

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com