黒柴スポーツ新聞

ニュース編集者が野球を中心に、心に残るシーンやプレーヤーから生きるヒントを探ります。

2016-02-15から1日間の記事一覧

交通事故で失明しかかった翌年胴上げ投手になった金城基泰

ダイナミックなフォーム 1975年、広島初優勝の胴上げ投手は金城基泰だった。アンダースローで、右腕をいったん高々と上げるダイナミックな投球フォームが印象的。さらに心に残るのは前年秋の交通事故から奇跡の復活を遂げたことだった。この事実を知って金城…