読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒柴スポーツ新聞

現役記者が野球を中心に、心に残るワンシーンやプレーヤーについて綴ります。

守りから始まる攻撃もある~センバツ履正社エース竹田がまたも逆転劇演出

3月31日の2017年センバツ決勝は史上初の大阪勢対決が決まった。準決勝の履正社ー報徳学園、続く大阪桐蔭ー秀岳館をテレビ観戦した。 2017 センバツ 大予想 2017年 1/6 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社 …

センバツ史上初の2試合連続引き分け再試合と稀勢の里戦を並行視聴~全力を出し切るって素晴らしい

センバツで延長15回引き分け再試合が珍しいのに何と2試合連続で起きた。福岡大大濠ー滋賀学園と、福井工大福井ー高崎健康福祉大高崎だ。 www.nikkansports.com ドラマの録画を見ていたのでもう福岡大大濠ー滋賀学園は終わったかなと思ったら延長14回が…

不発の清宮幸太郎に屈した明徳義塾高校~2017センバツ9回2死からまたもドラマ

何かにつけて「侍」と言うのが流行っているのか。WBCを業務中に見ていた人は「コソッと侍」。ブレイクした小林誠司の控えに甘んじた大野奨大は記事で「控え侍」なんて書かれていた。年度末、黒柴スポーツ新聞編集局長は「残業侍」な日々である。 tf-zan96bai…

侍ジャパン敗戦で2017WBC事実上閉幕~野球の魅力も厳しさも感じた準決勝

WBCが終わった。正確に言えば侍ジャパンの勝負が終わった。1-2。惜敗。時の運。いろいろなワードが出てくるが負けは負けだ。 MIZUNO(ミズノ) 侍ジャパン 2017WBC レプリカ キャップ 12JW7X7714F サムライネイビー (14) F(56-60cm) 出版社/メーカー: MIZUN…

センバツ中村高校9回の粘りに心がホカホカ~40年ぶりの1点がもたらしたもの

「二十四の瞳」高知・中村高校が甲子園に帰ってきた。第89回選抜高校野球には16人での出場だから「三十二の瞳」なのだがインフルエンザなど体調不良で4人が開会式を欠席。入場行進は結果的に「二十四の瞳」になってしまったが40年前はその人数で準優…

追いつかれても追い越させないことが大事~センバツ履正社9回の猛攻を呼び込んだ竹田の踏ん張り

第89回選抜高校野球が開幕した。開幕式直後の第1試合は呉ー至学館。いきなり延長の好ゲームだったが呉が振り切った。第2試合は履正社ー日大三という好カードで予想通りの白熱した試合。12-5で履正社がねじ伏せた。 www.hochi.co.jp まだ大会初日だと…

引退の川上憲伸はもうナゴヤドームのマウンドに立たないのか~大物選手の引退を考える

川上憲伸が引退を決めた。ドラゴンズファンには感慨深いだろうが若干の賞味期限切れ感は否めない。その証拠に読売新聞記事では「川上さん」とさん付けになっている。すでに過去の人扱いだ。 www.yomiuri.co.jpとはいえ同年代の上原浩治は寂しそうだった。高…

松井秀喜5連続敬遠に「忘れられる権利」はないのか~早実・清宮幸太郎の明徳義塾イメージは「松井さんのやつ」

明徳義塾高校の馬淵史郎監督はくじ運がいいのか悪いのか。第89回選抜高校野球でいきなり早稲田実業とぶち当たる。今大会屈指の視聴率男・清宮幸太郎と相まみえるのだ。強打者VS試合巧者。高校野球ファンならよだれものの対戦である。 tf-zan96baian-m-ston…

WBCで好投続く千賀滉大が3軍でぐんぐん伸びた訳~背番号128からの下剋上

WBCで侍ジャパンがまた勝った。テレ朝難民のため15日のイスラエル戦を見られなかったが、結果を見る限り、思う。この試合のMVPは千賀滉大じゃないのかと。 BBM2014 ベースボールカード ファーストバージョン 銀箔サインパラレル No.87 千賀滉大 出版社/メ…

侍ジャパン打線好調で2017年WBCの視聴率がよいらしい~スモールベースボールから脱皮するのか

WBCの視聴率がいいらしい。産経ニュースによると14日のキューバ戦(TBS系列)は関東地区の平均視聴率が27.4%だった。12日のオランダ戦(テレビ朝日系列)は関東地区の平均視聴率が25.2%だったそうだから少し上がった。オランダ戦が延長を制した熱戦だっただ…

WBCラッキーボーイ小林誠司はMVPになるのか~一皮剥ける時は一気に行こう

完全に一皮剥けた。WBCに出ている小林誠司。弱点と思われていた正捕手がストロングポイントになっている。BBM 読売ジャイアンツ 巨人 小林誠司 緑箔 サイン カード 2015 ベースボールマガジン社出版社/メーカー: ベースボールマガジン社メディア: この商品を…

踏まれても立ち上がらない~三浦大輔の番組で雑草魂を学ぶ

三浦大輔が出た「SWITCHインタビュー 達人達」を見た。雑草が専門の稲垣栄洋氏との対談だ。逆境での闘い方 ~折れない心をつくるために~作者: 三浦大輔出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2012/11/24メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1…

安藤友香、乙女走りで名古屋ウィメンズマラソン2位、初マラソンで日本歴代4位タイム~合理的かどうかは本人にしか分からない

2017年3月12日、名古屋ウィメンズマラソンが開かれた。これを書き始めた時点(27キロ過ぎ)でキルワと安藤友香(スズキ浜松AC)が激しいつばぜり合いを繰り広げていた。 安藤友香は腕を下げて、あまり振らずに走る。フォームについてはすでに話題に…

自分の間合いで打席に立つ~WBC2戦連発の筒香嘉智に学ぶ

WBCで侍ジャパンが好調だ。主軸の筒香嘉智は2戦連発。まさに大黒柱だ。オーストラリア戦の解説、原辰徳が好調の筒香嘉智の印象を聞かれて「自分の間合いで打席に立っている」というようなことを言っていた。そう、それなのだ。野球選手じゃなくてもそれが大…

WBC松田宣浩の3ランが幻のホームランキャッチの観客と侍ジャパンを救う

WBC

WBCが開幕した。日本の初戦、試合に見入っていてきょうは記事を書く時間がなさそうと思ったらとんでもない出来事が! 山田哲人のホームランが取り消しになってしまった。 WBCは本当にいろんなことが起きる。第1回大会の犠牲フライ取り消しを思い出してしま…

WBCで青木宣親はいかにリーダーシップをとるのか~連勝よりも大事な試合で勝つことが重要

購読している新聞に青木宣親のインタビュー記事が出ていた。開幕を控えたWBC特集だ。侍ジャパンの中で黒柴スポーツ新聞編集局長が最も注目している選手が青木宣親なのだ。 侍ジャパンに合流する唯一のメジャーリーガーであるから、という理由ではない。イチ…

球団職員になりたいと思ったことはありませんか?~読売巨人軍が2018年度新入職員募集

野球好きなら一度や二度、思ったことがあるだろう。「あーあ、球団職員になれないかな」。黒柴スポーツ新聞編集局長もそのクチだ。だが実際になれる人はそんなに多くはない。募集自体頻繁には見ない。が、久々に見つけた。 www.giants.jp ジャイアンツである…

キプサング優勝!東京マラソンで出た2時間3分台がもたらしたものとは

東京マラソンで2時間3分台が出た。国内マラソンで初。キプサング(ケニア)が2時間3分58秒で優勝した。高速設定のペースメーカーや平坦なコースなど世界記録更新へ好条件が揃ったが本人いわく風の影響もあったようで新記録はならなかった。 www.sanspo.c…

元阪急スペンサーは「投げずに敬遠」を半世紀前に成立させようとしていた

敬遠の意思を示せば投げずに成立する。そんなルールが2017年シーズンから米大リーグで導入される。 www.yomiuri.co.jp 敬遠も野球の一部なんだからそれでいいのかなとか、ドラマが失われるというのが大方の野球ファンの受け止めではなかろうか。 number.buns…

人間万事塞翁が馬の意味とは?~侍ジャパン権藤博コーチがWBC辞退の大谷翔平に掛けた言葉

誰だって失敗しようとして失敗するわけじゃない。不可抗力という言葉もある。だがついつい責任を追及しがち。その相手に対しての期待感があればなおさらだ。大谷翔平がWBC参加を見送ったところ、侍ジャパンの権藤博コーチに「人間万事塞翁が馬だ」と言われて…

虎は死して皮をとどめ伊藤智仁は被弾して名を残す~1993年松井秀喜を差し置いて新人王に輝いた男

閃光という意味では確かにこの人、伊藤智仁。代名詞である高速スライダーは今映像を見てもえげつない。きょう、久々に伊藤智仁の記事を見つけた。 www.news-postseven.com 伊藤智仁については黒柴スポーツ新聞でも記事を書いたことがある。 tf-zan96baian-m-…

巨人の橙魂2017でオレンジのつばキャップ登場~巨人の野球帽は赤いつばの時代もあった!

2017年、巨人が「橙魂2017」と銘打ったファンサービスを行う(5月3、10、27日、6月2、17日、7月10、29日)。選手がオレンジ色ユニホームを着るだけでなく、つばと頭頂部がオレンジ色のキャップもかぶる。 www.giants.jp 巨人のカラーと言えばオレンジな…

プラネットアース映像でヘビの群れに追われるイグアナと自分を思わず重ねた話

プラネットアースをNHKで見た。イグアナがヘビの群れを間一髪かいくぐるやつ。ネットで「プラネットアース イグアナ」で検索すると2016年11月の記事で話題になっていた。そう、それ(興味があればぜひ見てください)。 その島のイグアナはふ化した瞬間から生…

2017年限りのイ・スンヨプ有終の美を飾れるか~李大浩との韓国球界そろい踏みにも注目

イ・スンヨプ。懐かしい名前をネットで見つけた。フルカウントの記事で、韓国紙・東亜日報がイ・スンヨプの2017年今季限りでの引退を報じたという。 full-count.jp 失礼ながら、まだ現役だったんだというのが正直なところだ。イ・スンヨプは1976年生まれ、今…

ホークス37年ぶり縦じまユニホーム復刻~いま似合うソフトバンク選手は誰?4月28日からの大阪クラシック3連戦は必見

縦じまと言えば阪神タイガースのイメージ。だが南海ホークスも1980年に採用していた。それが2017年4月28日からのソフトバンク対オリックス戦3連戦(京セラドーム大阪)で復活するという。日刊スポーツ記事の併用写真が縦じまの香川伸行だったので目が釘付…

デキる人に共通する再現力の高さ~高梨沙羅W杯ジャンプ最多タイ53勝の節目に

高梨沙羅がW杯で53回目の優勝を果たした。男女を通じて歴代最多タイ、とはいうが果たして本人がどれほどの意義付けをしているのか。どうもマスコミがワアワア言い過ぎな気がしてならない。性差をとやかく言うわけではないがやはり体力もレベルも違う訳だし、…

101ホールドの久保裕也と101暴投の新垣渚、「楽天合格・引退」の明暗はなぜ分かれたのか

巨人、DeNAでプレーした久保裕也が楽天のテストに合格した。現役続行を目指したもう一人の有名なプレーヤー、新垣渚は声が掛からずに引退。くしくも共に2002年ドラフト自由枠でのプロ入りだった。両者の違いは何なのだろうか考えてみた。 www.nikkansports.c…

中尾孝義とその周辺の懐かしい選手たち~中尾孝義氏、専大北上高監督に就任

中尾孝義。懐かしい名前に反応してしまった。専大北上高校の監督に就任するという。 www.hochi.co.jp 専大北上に何か関係あるのかと思ったら中尾孝義は専修大学OBだった。ウィキペディアで見ただけだが山沖之彦ともバッテリーを組んだという。 BBM2011 東都…

練習でできないことは本番でもできない~今永昇太は三浦大輔最終登板のブルペンを見て開眼

サンデースポーツに筒香嘉智と今永昇太が出ていた。三浦大輔を交えてのインタビューだ。筒香嘉智はまだ25歳。伸び盛りであり、けがとかFA流出でもない限り当分DeNAは4番に誰を据えようか悩まずに済む。組織の柱が安定しているのは素晴らしい。筒香嘉智には…

もしも箱根駅伝が「全国開放」になったら~青山学院大・原晋監督の持論に絡めて

箱根駅伝の「全国化」は不可欠。またまた原晋監督(青山学院大)の持論にうならされた。箱根には箱根の伝統がある、と最初は違和感を覚えたのだが。 www.sankei.com 箱根駅伝は関東学生陸上競技連盟(関東学連)の主催。だから関東の大学オンリーでやる。ほ…

可動域は意識しないと広がらない~志国高知 幕末維新博の「そっくり」ポスターを見て自戒する

可動域を広げる。イチローのトレーニング風景を見たことがあるだろうか。あのイメージ。関節の可動域を広げる、もしくは維持している。可動域はパフォーマンスの可能性、とも言い換えられそうだ。 可動域。気になっていた言葉であり、今も意識している。その…

羽田空港でもパラリンピックに触れられる~未来をつなぐレガシー展3月5日まで無休

熱狂的なメダリストパレードからはや何カ月。 パラスポーツにどっぷりはまっている人を除いて、 一般の人の関心度は元に戻りつつある。 黒柴スポーツ新聞はリオデジャネイロパラリンピック中と直後は連日、 ウィルチェアーラグビーを中心に記事を配信した。 …

分け入っても分け入っても野球古書の山~神田神保町のBIBLIOさん訪問記

野球古書、というジャンルがあるのかどうか。 神田神保町のBIBLIOさん(http://www.biblio.co.jp/)に行った時の話をしよう。 知る人ぞ知るお店である。 サッカーやボクシングなども扱っているが今回は野球の話。特定の本を探しに行ったわけではなく、行くこと…

出会いを大切に芽吹かせよう~母校と熊本と福徳神社と金融街とニッポン手仕事図鑑

今の自分は、過去にお世話になった方たちのおかげで形成されている。 そんな思いを強めた。上京してきた。 学生時代を過ごした東京に。小一時間、隙間時間が生まれた。 母校まで足を伸ばす。 就職活動でお世話になった方に時間を取っていただいた。 後輩で、…

プロの脳外科医は危険を避ける行動を心がける~返還したボルトの金メダルが湯呑みという話

ボルトが北京五輪400メートルリレーの金メダルを返還した。 このゴタゴタとは別のことが気になっていた。 この男、速いのは脚だけじゃない。 即断即決即実行。 ジャパニーズピーポーが最も苦手なことだ。www.asahi.com今回のドーピング。 そう、まだ頑張れば…

自分で乗り越え自分で達成感をつくれ~日大三高伝統の冬合宿で飛ばした小倉全由監督のゲキ

第89回センバツ出場校で注目するのは40年ぶり出場の中村高校(高知)。 公立というのも応援ポイントだ。 まあ私立というだけで差別するつもりはない。 私立は強い学校が多いから、だ。その私立の中で注目したい学校が日大三。 1月29日の朝、NHKで冬合宿がリ…

重友梨佐が大阪国際女子マラソンで復活V~ネガティブスプリットは力がある人にしかできない

いつか追い付けばいい。 それでは追い付けない。 もしかしたら、永遠に。大阪国際女子マラソンを見ていて高橋尚子の解説が興味深かった。 「その1メートルを『命取り』と言うんです」 序盤、先頭集団が割れた。先頭集団の前方と、後方のかたまりの差はわず…

甲子園は清宮のためにあるのか~ボールが遅く見えた精神状態が活躍の源

2017年3月19日に開幕する第89回センバツ。 黒柴スポーツ新聞イチオシは40年ぶり出場の中村と、明徳義塾の高知県勢だ。さすが地元紙とあって高知新聞はセンバツ出場校決定翌日、丸々1ページを2校の話題で埋めた。 中村高校の1年生部員を追い掛け修学旅行先…

40年ぶり中村高校センバツ出場に引っかけて山沖之彦の偉大さを語る

センバツ出場32校が発表された。 気になる21世紀枠は岩手の不来方、岐阜の多治見、そして高知の中村が選ばれた。 32校関係者の皆さん、おめでとうございます!※こちらのサイトで中村の地元、高知県で発行されている高知新聞の号外が見られます。 話のネタに…

名球会入りの基準緩和に異議あり~レジェンドの格を下げてはならない

名球会の入会基準は2000本安打と200勝、そして250セーブ。 絶妙なラインだ。 達成できそうでできない。 目標は簡単にクリアできても満足感はたかが知れている。 小さい目標を積み重ねて大目標をかなえる手法もあるが、それもやはり高いところに目標設定して…

スポーツは結果がすべてなのか~WBCは次も結果が出なければ人気低迷の予感

スポーツは結果が第一と思っている。 特にプロならなおさらだ。新聞記事で「負ける自由」という言葉を見つけた。 女子バスケットの元日本代表、小磯(旧姓浜口)典子さんの記事だ。 負ける自由も認める土壌づくりが必要だという。トップレベルでやった人の言…

ジーコが説く超一流と一流の違いに学ぶ

プロフェッショナルとは何か? 「仕事の流儀」でも毎回問われる。 個人的には与えられた仕事を完璧に仕上げることと思っている。 難易度が高かろうが低かろうが、だ。じゃあ一流とは? 超一流とは?最近読んだ新聞記事が面白かった。 「ニッポンスポーツ人の…

稀勢の里の横綱昇進に抗わなかった白鵬の猪突猛進ぶり

稀勢の里が白鵬に勝った瞬間、白鵬の時代が終わった。横綱昇進はいつの間にか既定路線になっていた。だからこその白鵬の攻め方には見えなかっただろうか?千秋楽、結びの一番で勝とうが負けようが稀勢の里は横綱になる。じゃあ思いっきりぶつかろう。しかも…

一番のモチベーションは不可能を可能にしたいという思い~カート・シリングとトランプ大統領

メジャー通算216勝のカート・シリングは2017年の殿堂入りがならなかった。記者投票の得票が75%を超えないと選ばれないがシリングは45%。それには2017年1月20日に就任したトランプ大統領に絡む一件が影響した?という記事があった。 www.sponichi.co.jp ト…

殿堂入りを祝し平松政次の野球カードを6枚紹介しながら足跡をたどる~背番号3に込めた入団時の決意【PC閲覧推奨】

2017年1月16日、新たに野球殿堂入りした人が発表された。元プロ野球選手3人は星野仙一、平松政次、伊東勤。その中から今回は平松政次の野球カードを紹介する。 まずはこれ。 肩にくっきり「まるは」マーク。ユニホームの記事はグレーだ。グラブにもホエー…

今度は全国女子駅伝で2秒差2位…リオ代表を1秒差で逃した小原怜が残した素敵な言葉

朝、黒柴社長(2017年初登場)の散歩に行ったら吹雪に見舞われた。太平洋側の平野部なのに雪。積もるほどではなかったが寒波襲来を肌で感じた。 昼間テレビで全国都道府県対抗女子駅伝を見たがいきなり雪景色。何でも大雪警報が出ていたとかで雪かきをして大…

切り替えが大事、そして次もプラス思考で~代打の神様・元阪神の八木裕が説く成功の方法

公私問わず、何かうまくいかなかった時にいかに切り替えられるかは大事だ。それはサラリーマンもプロ野球選手も変わらない。 興味深い記事を見つけた。サンスポの八木裕の記事だ。代打の神様・八木裕はどのようにして打席に立ち続けたのか? www.sanspo.com …

相手に点を与えないことが大事~オジー・スミスの攻撃的守備の極意

併殺崩しのスライディング記事執筆用に下調べしていたところ、懐かしい選手にたどり着いた。オジー・スミス。ゴールデングラブ賞連続13回受賞、「オズの魔法使い」と称されたあの名プレーヤーである。 オジー・スミスを紹介するネット動画で彼自身の言葉にぐ…

「削る」スライディングを懐かしの野球カード8枚で検証~併殺崩しの危険スライディングが禁止に

併殺崩しを狙う危険なスライディングが禁止される運びとなった。2017年1月11日の野球規則委員会で決まった。かねてから問題視されていたが2016年にまたも、川島慶三が田中賢介の餌食になる悲劇が発生。これがダメ押しになったと見る向きは多い。 www.nikkan…

2017年センバツ行進曲が星野源「恋」になって甲子園で起きることが楽しみな件

2017年センバツの行進曲が星野源の「恋」と発表された。早速だが危惧する。あの厳格な行進風景に異変が起きないかと。 mainichi.jp そう、こっそり恋ダンスをやらかさないかな、と。 TBS系 火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」オリジナル・サウンドトラッ…